フィリピン、日本会議所、経済協力の約束

1 min read

フィリピン商工会議所(PCCI)が日本商工会議所(JCCI)と両国間経済協力強化のための了解覚書(MOU)を締結した。

今回の了解覚書(MOU)に基づいて両当事者は、両国間の経済協力強化、貿易拡大、投資拡大などのためのより多くの可能性を開いていく方向に情報を交換し、伝播することに合意した。

これには、その国で事業を実施するための方針、法律、規制環境に関する市場データと情報が含まれます。

情報交換の対象となる分野には、農業、製造、フランチャイズ、観光、サービス、中小企業の開発、情報通信技術、革新などがあります。

MOUはまた、フィリピンと日本との間のアウトバウンドまたはホストインバウンド貿易および投資使節団の組織、およびその国のビジネス連絡先の識別と構築にも対応しています。

「各当事者は、展示会、展示会、シンポジウム、セミナー、会議、見学、ビジネスマッチング、その他の貿易および投資振興手段、および同様のイベントを組織または参加する際に相手方を支援しなければなりません。 MOUは事業と経済協力の拡大を目指す領土」と明らかにしました。

両当事者は、ミッション、会議、またはイベントに参加するために、訪問中に海外旅行、宿泊、交通、その他の要件の費用をそれぞれ負担しなければならず、相手は合意に従って適切な国内支援を提供します。

当事者間で紛争が発生した場合、当事者は互いに協議し、必要に応じて地域で施行される法律および規制に従って仲裁に先立って仲裁を通じて友情的に紛争を解決できるように、メンバーが奨励する必要があります。

MOUはPCCI会長ジョージ・バルセロン(George Barcelon)とJCCIケン小林(Ken Kobayashi)会長が署名した。

‘このMOUは、両国の関係の新しい章を象徴し、経済協力を強化するために私たちの共同意志を確認します。 バルセロンは「私は緊密に協力し、対話、協力、成功したパートナーシップを育成するための計画調整に専念できることを期待する」と話した。

「私たちは、JCCIの尊敬されたメンバーと意味のある会話を共有する機会をありがとう。 世界経済の強国であり、技術革新のリーダーとして、日本の役割はよく知られています。」と彼は言いました。

フィリピン統計庁(PSA)の最新データによると、1月から8月まで日本は69億8千万ドル規模で全体輸出の14.6%を占め、フィリピンの3番目に大きな輸出対象国でした。

同様に、これはその期間中に3番目に大きい収入源であり、これは68億5000万ドル相当の輸入額の8.1%を占めました。

Copyright © 2022 PhilSTAR Daily, Inc. 提供: SyndiGate Media Inc.(Syndigate.info)。

READ  マサグラハム炎の守護者百合子、今年102歳で別税
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours