フィリピン、U15女子ソフトボールワールドカップでチェコを破る

1 min read

フィリピンは10月21日土曜日、日本の東京駒沢オリンピック公園総合運動場野球場でチェコを相手に3-2で完勝し、2023年15歳以下女子ソフトボールワールドカップ本選進出を開始した。

Cebuana Lhuillierが支援するチームは、最初の2イニングでそれぞれ得点を上げ、5回も追加の得点を上げて3-0に進んだ。

しかしチェコは7回と最終回で反撃に出たが、勝負を奪うことに失敗した。

フィリピン15歳以下女子ソフトボール代表チームが去る土曜日日本で開かれたU15ワールドカップでチェコを破った後歓呼している。 寄稿された写真

フィリピンのアマチュアソフトボール協会(Asaphil)会長のJean Henri Lhuillierは、チームの絶え間ない献身を称賛し、国に名誉をもたらす能力について最高の自信を表明しました。

「フィリピン代表チームにとっては良いスタートです。コーチとマネージャーの指導の下、私たちは私たちの女の子が心を尽くしていることを世界に見せて、次の試合で再びトップに戻ることができると信じています」と彼は言いました。

14脱三振4安打で試合を終えたフィリピン投手エリカ・アルナイズが勝利と認められた。


このチームは、チームマネージャーのMichelle Ann Oblea、シニアコーチNina Serafico、代表団長のフランシス・カルロス・ディアスが率いており、フィリピン国籍航空会社のフィリピン航空の支援を受けています。

READ  日本、謙虚な希望で広島軍縮を推進
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours