フィリピンで強い地震が発生し、津波警報と避難が発令されました。

Estimated read time 1 min read

去る土曜日の夜、ミンダナオ南部地域で規模7.5以上の地震が発生し、フィリピンと日本に津波警報が発令された後、フィリピンで避難が進行中でした。 波が通り過ぎた。

当初、普段の満潮水位よりも最大3m高い波を警告したアメリカの津波警報システムは、後にもはや津波の脅威がないことを明らかにしました。

フィリピンでは、続く余震にもかかわらず、深刻な波被害や人命被害についての初期報告はありませんでした。

フィリピン火山地震学研究所(PHIVOLCS)は、津波の危険が依然として残っていると主張した。

東京から南に約290km離れた日本の八条島で40cmの波が観測されたと日本気象庁が初めて明らかにしました。

フィリピンでは、PHIVOLCSはスリガオデルスールの海岸とダバオオリエンタル地方の近くに住む人々に避難するか、さらに内陸に移動するように求めました。

また、地震により一部の被害が予想されることを以前のガイドラインに修正しました。

しかし、両方の地域はフィリピンの他の地域とは異なり、ほとんどの農村地域であり、人口密度は高くありません。

欧州地中海地震センター(EMSC)によると、この地域は24件を超える余震が急速に発生し、これは規模6.5で最も大きい規模だ。

地震震源地から30km離れた人口4万4000人の海岸村ヒナトゥアン(Hinatauan)の警察署長レイマーク・ゼンタラン(Raymark Gentallan)は、地震が発生して以来電力が切れたと述べた。

彼はロイター通信とのインタビューで「私たちは海岸地域で人々を避難させている」と話し、災害対応チームはまだ死傷者や被害を見ていないと付け加えた。

ヒナトゥーに小さなホテルを所有しているジェームズ・ソリアは、彼の家が深刻な被害を受けたと言いました。

彼は別の余震が発生して通話が切れる前、ロイター通信に「今ここが再び揺れている」と話した。

ヒナトゥアン地域政権がソーシャルメディアに掲示した写真には、数十人の住民と車両が高地に向かって並んでいる姿が盛り込まれており、ある大型避難所には数十人が居住しています。

震源地から185km離れた修理ヶ尾市に住むコスメカレゼサン(47)は、自分の家が被害を受けたが、構造は依然として完全だと述べた。

彼は「既に寝ていたが、振動が発生したときにキャビネットがびっくりする音に眠りから目覚めた」と話した。

「怖かったです。突然、突然のことだから子どもたちが気になりました」

地震活動が起こりやすい太平洋を囲んでいる火山帯の「火の輪」に位置するフィリピンでは、地震が頻繁に発生します。

EMSCは、規模7.5の地震が深さ63kmで発生したと明らかにし、米国地理調査局(US Geographic Survey)は、地震の規模が規模7.6、深さ32kmと見て午後10時37分に発生したと明らかにした。

READ  人口減少と高齢化による日本出生率の最低記録
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours