フィリピンと日本、南シナ海の緊張の中で軍事関係を強化 — BenarNews

Estimated read time 1 min read

日本とフィリピンの指導者たちは金曜日の軍事支援パッケージに署名し、両国が中国との緊張を高める中で国防協定の交渉を開始することを約束した。

岸田文夫日本首相は、マニラに軍事支援を提供するほか、フィリピンに様々な開発支援パッケージを約束し、共同の同盟国と競争相手を共有する両国関係を強化しました。

岸田首相は、フェルディナンド・マルコス・フィリピン大統領との記者会見で、「まずますます深刻になり複雑になる国際情勢の中で、我々は安保分野で協力を深めている」と話した。

「そして、日本、アメリカ、フィリピン間の三者協力をさらに強化するために、相互アクセス協定(RAA)交渉を開始することになったさらなる決定が下された」。

RAAは日本がイギリス、オーストラリアなど少数国家と推進してきた防衛協定で、日本の軍事・安保作戦と他国との訓練の枠組みとして働いている。 これは、合同軍事訓練や合同パトロールなどの他のセキュリティ操作に軍隊を配置するための道を開くことができます。

二日間の訪問を終える前、岸田首相は土曜日特別合同議会で演説する予定ですが、これは日本指導者としては初めてです。 第二次世界大戦当時、日本帝国はフィリピンを占領しました。

岸田首相は金曜日にマニラに到着した後、スペイン植民地統治に対抗して活動したフィリピン国民英雄ホセ・リザルの墓に花輪を捧げることで訪問を始めた。 その後、首相はマニラの大統領宮に移動し、マルコスと非公開の会談を行いました。

マルコス首相は記者会見で「同じ考えを持った国家の指導者として、私たちは海洋紛争を解決するための平和的交渉と、韓国国民の相互包容的な成長と発展のための安定的で安全な環境の必要性を確認する」と述べた。 彼らの出会い。

岸田文夫日本首相とフェルディナンド・マルコス2世フィリピン大統領が2023年11月3日、フィリピンマニラマラカナン大統領宮で文書を交換した後、拍手を送っている。 [Aaron Favila/Pool via REUTERS]

フィリピン国防総省は、日本が新たに発足した公式安全保障支援(OSA)資金の最初のプロジェクトで、沿岸レーダー購入のために6億円(米ドル402万ドル)の補助金を受けることになると指導者たちは語った。

日本はまた、イスラム教徒が主に居住し、武装勢力とフィリピン軍との葛藤によって特徴づけられた自治地域である放射モロで、自然災害で被害を受けた交通網とインフラを修理するために、トラック、ブルドーザー、その他重機を購入するために米ドル600万ドル相当の援助補助金を提供する予定です。 。

フィリピン大統領はまた、数十億ドルの費用がかかると推定される進行中のメトロマニラ地下鉄と南北通勤鉄道プロジェクトに対する日本の資金調達についても言及しました。

岸田の訪問は去る2月マルコスの東京旅行に続いて行われました。 日本の指導者はマニラで公式訪問のために土曜日にマレーシアに旅行する予定です。

両首脳は広範な政治、安全保障、経済問題を議論したが、南シナ海紛争海域を取り巻く緊張高調が今回の会談で最も顕著だったとフィリピンの外務省管理者らは述べた。

共同声明では、両指導者は「海洋地域で競争する主張を解決するための規則ベースのアプローチ」に対する支持と、「東シナ海と南シナ海における航行と飛行の自由に対する約束」を再確認しました。

フィリピンと中国が南シナ海で領有権紛争を行っている反面、日本と中国は東シナ海で領有権を主張している。

2016年国際仲裁裁判所は歴史的根拠を根拠に南シナ海のほとんどに対する中国の領有権主張をフィリピンが拒否するとフィリピンの手を挙げた。

近年、中国とフィリピンは、海上で中国とフィリピンの海岸警備隊と他の船舶との対立状況の下で領有権の主張を主張し、ますます緊張した調査を行いました。

先週も中国軍はフィリピン軍艦がスカーバラ礁周辺海域に「無断侵入」したと非難したと明らかにし、フィリピン国家安保補佐官エドゥアルド・M・アニョはこれを「日常的なパトロール作戦」と呼びました。

Jeoffrey Maitemはフィリピン南ダバオ市で報道を寄稿しました。

READ  野球:ドジャースは日本エース山本吉信と12年契約を発表しました。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours