エンターテインメント

フィリピンの計日本の10代の僅か、US女​​子オープン優勝

フィリピンの計日系10代の選手であり、日本LPGAツアー選手の最少ユッカが日曜日、米国女子オープンで優勝し、日本のしタオカネジを3ホールのプレーオフで下し、共同4アンダーで首位を占めた。

フィリピン人の母親と日本人の父親があり、二重国籍を持つSasoは朴仁妃を韓国とまったく同じ年齢(19歳11ヶ月17日)にトーナメント最年少チャンピオンにタイしました。 2008年に優勝しました。

日本国籍を持つ他の二人の女性だけが1977 LPGAチャンピオンシップの久子樋口と2019女子全英オープンでひなこ時ノロメジャー大会で優勝しました。

フィリピンの系日本人ゴルファー最少ユッカが2021年6月6日、カリフォルニア州サンフランシスコのオリンピッククラブで行われたUS女子オープン優勝後優勝トロフィーを持っている。 (教徒)==教徒

San Francisoのオリンピッククラブで最終ラウンドを終えた後、アメリカレクシー・トンプソン、最少、下タオカはプレーオフホール2つを通過し、デッドロックを保持しています。

Sasoは、最初のサドンデスホールでの勝利を収め、競争で代表するフィリピンで最初の男性または女性のメジャー優勝者となった。

Sasoは今年の夏、東京オリンピックで、フィリピンのためにプレーすることが期待されます。 彼女は2018年アジア大会で国家のために二つの金メダルを獲得しました。

彼女は、日本LPGAカードを獲得した後、2019年にプロとなり、Masashi「Jumbo」Ozakiの練習施設で働き始めました。 彼女は日本ツアーで二回のタイトルを獲得し、今シーズンの賞金リストで4位を獲得した。

日本のNasa Hataoka(R)は、2021年6月6日、カリフォルニア州サンフランシスコのオリンピッククラブで開催されたプレーオフでUS Women」s Openゴルフトーナメントで優勝した、フィリピン系日本人の若者Yuka Sasoを祝う。 (Kyodo)== Kyodo

READ  初代PlayStation発売日記念「#プレイステーションの日」キャンペーンが今日開始します。ソニー4K有機EL TVなどのプレゼントが当たる

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close