フィリピンバーホスティスの固定観念を破る映画

Estimated read time 1 min read

実話に基づいた長編映画「Be My Guest、Be My Baby」は、日本でバーホスティスとして働くフィリピン人女性に対する固定観念を破ります。

映画はフィリピンの女主人の搾取を研究する大学院生ショタを中心に行われます。

彼は女主人ミカに会い、彼女がヤクザ組織の仲介を通じて作られた偽の結婚をしているという事実を知るようになる。 彼女は月に60,000円(400ドル)を稼いで監視される部屋で生活します。

翔太は強靭なフィリピンの女性に慰めを受け、結局彼女の呪いになる。

白河光人(59)監督は「フィリピンの女性を被害者として、日本の男性を加害者として描くなど、暴力と性行為を二分法的に描写する映画が多い」と話した。 「そんな固定観念に反する映画を作りたかったです」

この物語は、フィリピンの女主人に対する社会学的研究を執筆した中島御所(35)の実際の経験に基づいている。

これらの多くは出入国管理法が改正された1980年代から2005年まで芸能人ビザで日本に入国した。

中島さんは「日本に居住するフィリピン人の歴史を語るにはフィリピンバーが必須です」と話しました。

ミカのキャラクターは中島の妻に基づいています。 これら夫婦は今年第三子を出産する予定だ。

「私たちは他人をそのまま見なければならず、それはフィリピン人でも日本人でも、障害があってもなくても、男性でも女性でも構いません」と作家は言いました。 「彼らと仲が良くないなら距離を置いても大丈夫で、仲が良ければ彼らと友達になってください」

READ  4カ国から来た宇宙飛行士4人と共に宇宙ステーションの新しい乗組員が発射されます。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours