フィリピン – 日本、オープン型RANベースの5Gネットワ​​ークを構築

1 min read

日経は、日本がフィリピンの5Gネットワ​​ーク構築を支援することで、インド太平洋地域で中国技術への代替案を提供する努力を強化していると報じた。

日経は上川洋子日本外務相が来月フィリピンを訪問して支援計画を議論するものと見られると報道した。

基地局の建設は今年の夏に始まる予定であり、数年以内に機能する5Gネットワ​​ークを構築することが目標です。

米国もこのプロジェクトに財政的支援を行うと予想される。

この計画は、約40%の世界市場シェアを占めているHuawei社、ZTEなど、中国の通信機器サプライヤーの支配力に対する懸念の中で出たものです。

米国はすでに国家安全保障のリスクのためにネットワーク上でこれらの機器を禁止しており、日本のオープンな無線アクセスネットワーク(RAN)技術はより安全なマルチベンダーアプローチを提供しています。

ネットワークカバレッジをテストするために、パイロット基地局がフィリピンの都市に配置される予定です。

このプロジェクトは、NTT DocomoとNECの合弁会社であるOrex SAIなどの日本企業が、現地のパートナーシップを通じてフィリピンで事業を拡大する機会を提供します。

インド太平洋のフィリピンの戦略的位置は、特に南シナ海で高まる緊張を考慮すると、フィリピンを日本の中核パートナーにします。

READ  Googleは、拡張現実 "の測定"アプリを終了
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours