フィリピンPLDT、データセンター事業最大49%日本NTTに売却交渉中 By Reuters

Estimated read time 1 min read

ニール・ジェローム・モラレス(Neil Jerome Morales)とヤントゥルトラ・アンギ(Yantoultra Ngui)

マニラ/シンガポール(ロイター) – フィリピン最大通信グループPLDT(NYSE:)がデータセンター事業の最大49%を日本日本テレグラフとテレフォン(OTC:)(NTT)に売却することで交渉中です。 PLDT会長Manuel Pangilinanは火曜日にロイターに語った。

今回の取引により、データセンター事業の価値は7億5千万ドルに達することができると、この問題について直接知っている2人が言いました。 この議論は非公開だったので匿名を拒否しました。

PLDTは評価に関するコメントを拒否した。 NTTはコメントのリクエストに応答しませんでした。

LSEGデータによると、NTTは火曜日現在の市場価値が999億ドルに達する日本最大の電話会社です。

ある関係者は、PLDTが収益を負債を減らし、進行中の新しいデータセンタープロジェクトに資金を提供するために使用すると述べた。

同関係者は「今年下半期に交渉が妥結できる」と話した。

1928年に設立されたPLDTは、有線および無線電話を含む企業を所有するフィリピン最大の通信大企業であるWebサイトに掲載されています。

マカティ市に本社を置き、子会社ePLDTを通じて11のデータセンターを所有・運営しています。

LSEGデータによると、PLDTの株価は今年に入って現在まで5.6%上昇し、火曜日現在の会社の市場価値が50億9千万ドルに達しました。

今回の取引は、デジタル人口増加と人工知能の負傷により成長の見通しが高まり、東南アジアのデータセンターへの関心が高まっていることを強調します。

9月のグローバル投資会社KKR&Co(NYSE:)は、シンガポールテレコミュニケーションズの地域データセンター事業持分の20%を11億シンガポールドル(8億1349万ドル)に買収しました。

第三者広告。 Investing.comのオファーや推薦ではありません。 公開ビュー ここ または
広告を削除する

($1 = 1.3522 シンガポールドル)

READ  トルコと日本の銀行、1億7000万ドルの緑信用取引を締結
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours