フィンランドの蒸気動力Pt。 2:サウナの豊かさと日本と共鳴する伝統

1 min read

2022年12月16日、東京港区にあるフィンランド大使館で、フィンランド大使館プレス文化参事館Reetta Purontakanenが「忠実な」サウナ方法を実演しています。 (Mainichi/Richi Tanaka)

東京 – フィンランドの北欧諸国はサウナ文化の長い歴史を持ち、約550万人の人口に対して320万以上のサウナを誇り、さらには大使館にもサウナがあります。 サウナを日常の一部とするフィンランド人たちは最近、日本でサウナの人気をどのように見ているのか? 詳細については、東京港区にあるフィンランド大使館を訪問しました。

「来てください」 ゲートを通過すると、駐韓フィンランド大使館メディア文化担当館レタ・フロンタカネン(44)が笑って挨拶を交わした。 私が通り過ぎた部屋の隣には、訪問者を接待するために使用される「セリフサウナ」がありました。 最大6名まで収容可能な木製サウナルームのほか、シャワーと家具付きのテラス付きの客室を提供しています。軽食やドリンクを楽しめます。 大使館には労働者のための別のサウナがあります。これはよりシンプルなデザインです。

ほとんどのフィンランド大使館にはサウナがあります。 Purontakanenは、サウナが日常生活の一部であり、人々が身体的、精神的な健康を維持するためにサウナを使用していると説明し、多くの会社と同様に、いくつかのアパートにもサウナがあると指摘しました。

2020年には、フィンランドのサウナ文化がユネスコ人類無形文化遺産の代表リストに追加されました。 国連機関は、それがフィンランド人口の大半の生活の中で不可欠な部分であると述べました。

「サウナは、おもてなしを示すフィンランドの伝統的な方法です」とPurontakanenは付け加えました。

2022年12月16日、東京港区にあるフィンランド大使館の内部で、訪問者が写真を撮ることができる「サウナ写真コーナー」を見ることができます。 (Mainichi/Richi Tanaka)

フロンタカネンは、日本独自の温泉と公衆浴場文化に注目し、日本の人々はフィンランドのサウナ文化の概念を理解しやすくなると述べました。 日本のサウナブームについて尋ねると、彼女は特に忙しい日本の生活様式に照らして、日本人がサウナを発見するのを見るのが「素晴らしい」と言いました。 彼女はサウナの精神が「あなたとあなたの幸福、喜び、あなた自身のための時間でなければならない」ということを強調した。

日本ではサウナ室に入った後、お風呂に入って休憩を取るために繰り返し休憩をとります。 しかし、根深いサウナ文化があるフィンランドではどうですか?

大使館はまず人々がサウナの外で服を脱いで体を洗うと説明した。 屋内では、周りの人々に配慮し、大声で話すことを控えています。 日本の温泉とも通じる基本的なマナーです。

フィンランドのサウナの必須要素である熱いサウナの石に水を注ぎ、蒸気を発生させる「忠実な」サウナ方式では、蒸気がサウナの温度を高めるので、水を入れる前に他の人に尋ねなければならないという厳しい規則があります。

それに加えて、人々がサウナで何分を過ごすべきか、サウナに何回入るべきかという規則はありません。 Purontakanenは、「これは、完了する必要がある別の作業、または自分自身を証明する必要があるのと同じではありません」と述べました。 「あなたはあなた自身とあなた自身の体に耳を傾けます。」

(名古屋ニュースセンター田中リッチの日本語オリジナル)

(これはパート2シリーズの2番目の部分です。パート1は1月1日に公開されました。)

READ  町の地図と一緒に「社会的距離」の傘を貸して、日本の人気温泉リゾート
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours