フィンランド国民連合党が選挙勝利を主張選挙ニュース

Estimated read time 1 min read

93.4%の得票率で、マリンは敗北を認め、オルフォの政党は議会で大部分の議席を占めると思われます。

フィンランドの右翼野党である国民連合党(National Coalition Party)のペテリー・オルポ(Petteri Orpo)代表は、激しい接戦を繰り広げたフィンランド総選挙で勝利を宣言しました。

オルポは日曜日のフォロワーたちに、あるスピーチで「私たちは最大の権限を得た」と語った。

フィンランド与党の社会民主党のサンナ・マリン首相が総選挙で敗北を認めた。

「選挙の勝利を祝い、(保守)国民連合党を祝い、(極右)フィンス党を祝います。 民主主義は言った。」とマリンは支持者に言った。

93.4%の得票率で、オルポの政党は合計200席のうち48席で最も多くの議席を確保すると見られ、20.5%の支持率で法務部選挙データに現れました。

上位3つの政党がそれぞれ約20%の得票率を得ると予想される状況では、いずれの政党も単独で政府を構成する位置にありません。

オルポは支持者に囲まれて勝利を主張し、「この結果をもとに国民連合党主導でフィンランドの新政府構成議論が始まるだろう」と話した。

国民連合党(National Coalition Party)が20.7%で1位を占め、右翼ポピュリズム政党であるフィンズ(The Finns)が20.1%、マリン社会民主党(SDP)が19.9%を記録しました。

37歳のマリンは世界中のファンに進歩的な新しいリーダーのミレニアルロールモデルと考えられていますが、国内では政府の公共支出とパーティーに対する批判に直面しました。

NCPの主導権が維持されれば、Orpoは議会で過半数を確保するために連合を構成する最初の機会を獲得し、首相としてマリンの時代は終わります。

全国連合党議長 Petteri Orpoが早期投票の開票を見た後、政党の議会選挙イベントでお祝いします。[Lehtikuva/AnttiAimo-KoivistoviaReuters[Lehtikuva/AnttiAimo-KoivistoviaReuters[[Lehtikuva/AnttiAimo-KoivistoviaReuters[

NCPは最近数ヶ月間その優位を失ったが、ほぼ2年間世論調査で先頭を走っている。 政府は支出を抑え、2019年にマリンが就任して以来、GDPの70%をわずかに超える公共負債の増加を防ぐと約束しました。

Orpoは、ロシアのウクライナ戦争で、ヨーロッパのエネルギー危機がフィンランドを襲い、生活費が増加した状況で、マリンはフィンランドの経済回復力を侵食したと非難した。

READ  小麦の贈り物は急上昇し、食品の価格は次のようになります。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours