経済

フェリーの旗のレプリカは、彼の子孫と受け手の親族をつなぐ。

Matthew Calbraith Perryは、約170年前に彼の有名な同名の祖先がアメリカの移民に星31のアメリカの国旗を与えた東京南部の遠く離れた島を訪問する予定です。

80歳のお年寄りは、マシューC.ペリー提​​督(1794-1858)から星条旗を受けたナタニエル・サヴォリの子孫の高志サヴォリーと出会うため、小笠原諸島の秩島に旅行することを願っています。

アメリカ・メリーランド州に住むマシューは、愛媛県西条に住むコンド・アキラが彼にプレゼントした元の旗のレプリカに関する翻訳された朝日新聞記事を読んだ後、9月にタカシを見つけました。

彼は64歳のTakashiに送られたEメールで、「最近、Akira Kondoがあなたに寄付した星条旗について知り、とても興奮して喜んでいました」と言いました。 塩辛い。」

提督は1853年、自身の「黒い船」艦隊を率いて東京湾入口の浦賀に向かい、200年以上の鎖国政策を経て日本を西方に開放する上で重要な役割を果たしました。

1853年6月に秩島を訪れたとき、フェリーは今日の神奈川県横須賀の一部である浦賀に到着する1ヶ月前に、ナサニエルを島の最高行政官に任命し、彼にアメリカの国旗を与えました。

国際交流センター米国支部長として日本を数回訪れたマシューは、日本の首都から1000km離れた秩島に行ったことがない。

彼は高志に早ければ今年中に島を訪問したいと彼に会って国旗を見たいという手紙を書いた。

戦争中に燃やされた元の旗

Matthew C. Perry 提督の子孫である Matthew Calbraith Perry (提供: Matthew Calbraith Perry)

高志はもともとマサチューセッツ出身で、1830年5月に秩島に来たナダニエルの5代目の子孫です。 彼はアメリカ、イギリス、イタリア、デンマーク、太平洋諸島から来た約20人のうち、秩島に定住しました。 当時無人島。

明治政府は1876年に秩島を日本領土として宣言しました。 約70人の西部や他の地域出身の島住民が後に日本市民になりました。 彼らは日本人定住民と並んで暮らし、大正時代(1912-1926)の間、秩島の人口は5,000人以上に増えました。

しかし1941年、米国が日本と戦争を起こすと、高志の祖父であるナサニエルの孫と他の家族たちは迫害を恐れてフェリーの星条旗を燃やした。

1944年、日本当局は小笠原諸島に居住する6,886人の住民を強制的に撤退させ、825人の男性島住民を軍事官として徴集しました。

徴集兵の一人は高市の叔父である4代目のセイボリであるスワニーセイボリだった。 アメリカの血統にもかかわらず、彼は日本帝国軍の兵士として米軍と戦って戦死した。

家族のための旗のレプリカ

20220220-flag-4-L
2021年6月愛媛県西条で複製された31星星条旗がある伊予西条間接税協会会員(提供:近藤明)

時計店のオーナーである83歳のコンドミニアム氏は、この春の新聞記事で、セイボリー家の悲しい歴史を知りました。

彼は「国旗は祖国を愛するのと同じだ。 失われた旗を(家族に)返したいです。」

フェリーがナダニエルに与えた旗は、星が31個で、当時の米国連邦の週数を表す50個より少なかった。

コンドは、西洋の事業者グループである伊代西条間接税協会の仲間たちと共に、元の旗のデザインを調査し、そのデザインのバナーレプリケーションを専門店に依頼しました。

彼は昨夏に高さ102cm、幅163cmの完成したレプリカを高志に与えた。

マシューは日本の知人とワングルを書いた旭新聞記者を通じて高志と近藤に連絡を取った。

近藤は「フェリー提督の末裔から感謝の言葉をもらえてとても嬉しいです」と話しました。 高志は、マシューの稲島訪問を楽しみにしていると語った。

12月に発行された国際交流センターニュースレターに関する記事で、マシューは次のように書いています。

センター http://www.manjiro.or.jp/e/) John Manjiro(Nakahama Manjiro)とWilliam Whitfield大尉の友情を記念して、日本とアメリカで交互に日本とアメリカの市民の集まりである日米草の根首脳会談を開催します。

Manjiro(Manjiro、1827-1898)は、日本の海岸に孤立した後にアメリカに住むことが知られている最初の日本人です。 彼は彼をアメリカに連れて来たWhitfieldによって救出された。

2009年から首脳会談に出席するために日本を訪れたマシューは、朝日新聞とのインタビューで「セイバリーさんとコンドーさんに直接会えてとても満足していた」とし「いつか二人に会えることを願う」と話した。

20220220-flag-2-L
1927年、秩島のSavoryファミリーメンバー。 前列左から: Nathaniel Savoryの長男Horace、第3息子ベニヤミンそして孫娘ジェーン。 後ろから左から増孫者モーセ(Moses)と孫娘イリンワシントン(Ilene Washington)だ。 (提供:高志 Savory)

READ  JR東日本のQRコード対応の自動改札機を初体験、新宿駅高輪ゲートウェイ駅で実証実験を開始 - 旅行Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close