スポーツ

フェルナンド・アロンソ、2022年F1マシンの風洞作業のために元旦から出勤/ルノーF1[F1-Gate.com]

ルノーF1のスポーティングディレクターであるマーティン・ブコースキーはフェルナンド・アロンソは、F1復帰に「非常に意志がある」と2022年の風洞作業が開始される元旦から工場に出勤することをサポートしますと言われる。

マクラーレンでの4年間の定量に失敗したフェルナンド・アロンソは、2018年末F1法離れたアルピヌブランド変更ルノーF1と2021年にレースシートに復帰する。

フェルナンド・アロンソは、フィルミングデーを利用して、ルノーF1のシーズンマシン “RS20″のステアリングを握っても、今月はバーレーンとアブダビで2回テストを実施し、2018年マシン「RS18」相当走行距離を飛び込んでいる。

「彼の情熱は、彼の決意は点で、彼は複数のシート合わせのために工場に来たが、工場で彼を導くし、数年前にサイエンストンにいた頃から、状況がどのように変化したかを示した。それ以来、明らかに多くのことが変化している」高マルティン・ブコースキーは言う。

「彼の動機は信じられないほどである。彼は本当にすべての人に質問して推進してきました。彼と数分を送信、すぐにモチベーションが上がるだろう」

「良いチャンピオンであるだけでなく、来年の再来年に向けて非常に意欲的な人とスタッフが会うのは良いことだ。」

マルティン・ブコースキーはフェルナンド・アロンソがアルピー誰2022年機械の開発を開始することができるお正月サイエンストンの工場に出勤することを計画していることを明らかにした。

「私たちは、風洞にあるとき、彼は「だから、今2020年のマシンを走らせることができないか “と尋ねた。私たちは”ノー。 規制してこれを行うことはできない」と伝えた」とマルティン・ブコースキーは言う。

「じゃあいつ開発を始めることができますか?」と尋ねると、私たちは1月の最初の日と答えた。 “OK、1月1日走らだろう?」と言ったのは、私たちは「新年なので、通常そうでなければ、今年はそうするかもしれない」と答えた”

“彼は、” OK、わかった。 私たちは、1月1日に走らなければならない。 私は1月1日にここに来て、助けて」と言った。それが現在のフェルナンドの同期レベルである ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー

READ  MLB噂:ヤンキースのLuis Castillo推測が撃墜された。 Mets、George SpringerのBlue Jaysリーダー

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close