経済

フォルクスワーゲン、日本の価格最大1000ドル引き上げ

フォルクスワーゲンが日本に輸出される車両の価格を引き上げる外国自動車メーカーのリストに参加し、国内企業が不振消費支出の中で躊躇しているという事実を知ることになった。

フォルクスワーゲンの最大値上げは、現在689万円(6万2000ドル)で販売されているが、10月には10万2000円がたち予定ティグアンRに適用される。 同じドイツの自動車メーカーであるアウディも車両価格を最大15万円引き上げる予定である。

最も売れた輸入ブランド10社のうち5社が今年の秋の価格を引き上げている。 欧州の自動車メーカーであるStellantisのプジョーとジープは価格を引き上げました。

Mercedes-Benzは、すでにいくつかのモデルの価格を引き上げており、最大の印象金額は500,000円でした。 この自動車会社は、以前に装備変更を除いて、日本の価格を大幅に安定的に維持したが、6年半ぶりに、より高い材料コストを消費者に転嫁しています。

メルセデスの日本支社関係者は「私たちは、企業努力の限界に達した」と述べた。

銅、貴金属、半導体価格は需要と供給のバランスを達成しながら、上昇しました。 大流行の影響で港が混雑してなり、海上運送料とその他の物流コストが上昇した。

日本の円は年初103円〜104円台で1ドル= 110円程度で安を見せ輸入原価の上昇を牽引している。

欧州車は、アジアで強力なブランドアピールをし、価格の上昇を後押しします。 しかし、日本の物価は中国よりも低くなります。 メルセデス – ベンツS500の価格は、日本で1738万円だが、中国では、3000万円を超える価格である。 これらのギャップは、明らかに、日本のより小さな富裕層を反映します。

日本のサービス部門にもより高い価格が来ている。 東京ディズニーリゾート事業者オリエンタルランドは金曜日のチケットの価格を引き上げて、大人が支払う最高額は8%引き上げた9,400円です。 しかし、週末の交通渋滞を緩和するために、平日最低料金を引き下げました。

東京ディズニーの最高価格は、国際基準に見るとまだ安いです。 カリフォルニア州のディズニーランドテーマパークは、最大$ 154です。 上海ディズニーランドの入場料は699元($ 108)です。

ネットフリックスは去る2月に日本で標準的な料金プランを1,490円で13%引き上げた。 レベルは8%引き上げた米国の月の使用料$ 13.99に近接します。

日本経済が弱い基づいて回復され、賃金が上がる難しかった。 政府のデータによると、2020年の平均労働者の月平均賃金は307,700円で、前年度より0.55%だけ上昇しました。

外国の自動車会社と克明に対照的に、日本企業は値上げについて注意を表明しました。 このような動きが現在の状況では、内需を萎縮させるか懸念している。

READ  東京オリンピック」何でも起こることができる「日本長官

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close