フグロ独自の昇降プラットフォーム、日本要請

Estimated read time 1 min read

Fugroは、海上風力地質工学サービスの需要を高めるために、独自の昇降プラットフォーム(SEP)Amberjackを日本に移転しました。

日本の規定により日本に登録された船舶は、現場作業に配備される際、外国国籍船舶よりも簡素化された手続きに従うため、今回の措置を通じてプロジェクト現場への動員速度が速くなり、発展中の海上風力産業にフグロの地理データをより速く配信できるようになります。

Amberjackは2023年12月に再選定され、現在東京に本社を置いており、日本の風力発電団地プロジェクトに配置され、顧客に地質工学掘削孔掘削、高品質サンプリング、ダウンホールなどのさまざまな現場テストを提供します。 コーン浸透テスト(CPT)と標準浸透テスト(SPT)。

FugroのAmberjackは、予備および詳細な地質工学調査およびケーブル経路調査のための掘削地球物理学のロギングも提供しています。 SEPのすべての機能は、最大水深42mまでの国際および日本の地質工学規格に準拠しています。

「Fugro Amberjackを日本に移転すると、私たちの国の地質工学SEPサービスに対する需要の増加に迅速に対応するのに役立ちます。

「日本政府は、2030年までに海上風力発電規模を10GW、2040年までに30GW~45GWの目標としている。

川村浩一氏は次のように述べています。と思います。」と言いました。 、フグロの日本支社長です。

READ  Starfieldファンはスポイラーに備えており、他の開発者も警告を発しています。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours