スポーツ

フジTV、2021年F1世界選手権も全体の戦いをCS放送で完全生中継[F1-Gate.com]

フジTVは2021年F1世界選手権度CS放送「フジテレビNEXTライブプレミアム」で金曜日フリー走行から日曜日の決勝までのすべてのセッションを完全生中継すると発表した。

フジTVは鈴鹿サーキットで初F1日本GPが開催された1987年から2016年までの30年間、F1全体の戦いを放送中だ。 放送初期には地上波で録画放送が中心であったが、1998年からCS放送では、すべての先生中継を行っている。

最近のライブストリーミングサービスDAZNが国際的なスポーツ中継権を独占気味であるが、2120年フジTVはまだ完全な戦い金曜日フリー走行でセッション全体の完全生中継すると発表。 放送チャンネルは、有料CS放送「フジテレビNEXTライブプレミアム」となる。

2021年F1世界選手権は、史上最多の23試合に出場する。 F1を新しい開催地で、サウジアラビアでのレースが初めて開催される。 第22戦で11月28日に開催が予定されている。 また、今年13年ぶりの復活を果たし予定だったF1、オランダGP(ザントエラー)は、第14戦で9月に統合される。 4月25日に開催が予定されていたF1、ベトナムGPは未定の状態になっている。 F1日本GP第18戦で10月10日鈴鹿サーキットで開催される。

また、アルファ他、私たちホンダF1から角裕毅が日本人ドライバーとしては7年ぶりにF1参戦。 また、F1撤退を発表しているホンダは最後のシーズンである。

2021年F1世界選手権暫定カレンダー
第1戦3月21日、オーストラリア(メルボルン)
第2戦3月28日のバーレーン(社ヒール)
第3戦4月11日、中国(上海)
4戦4月25日TBC(TBC)
5戦5月9日、スペイン(バルセロナ)
第6戦5月23日、モナコ(モンテカルロ)
7戦6月6日アゼルバイジャン(バクー)
第8戦6月13日、カナダ(モントリオール)
第9戦6月27日にフランス(ルーステレオ)
第10戦7月4日、オーストリア(シュピールベルク)
11ラウンド7月18日、英国(シルバーストーン)
第12戦8月1日ハンガリー(ブダペスト)
第13戦8月29日、ベルギー(スパ・フランコルシャン・サーキット)
第14戦9月5日、オランダ(ザントエラー)
第15戦9月12日、イタリア(モンツァ)
第16戦9月26日、ロシアの(ソチ)
第17戦10月3日、シンガポール(マリーナベイ)
第18戦10月10日、日本(鈴鹿)
第19戦19月24日、米国(オースティン)
第20戦10月31日、メキシコ(メキシコシティ)
第21戦11月14日、ブラジル(サンパウロ)
第22戦11月28日、サウジアラビア(ジュード)
第23戦12月1日、アラブ首長国連邦(アブダビ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / テレビ放送

READ  日本の医療スタッフのアドバイス:オリンピックファンなし| 地域スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close