フッカーターナーは日本のスイッチでスコットランドの未来に疑問を投げかけます。

1 min read

スコットランドの売春婦ジョージ・ターナー(George Turner)が、コビー・スティラス(NICOLAS TUCAT)と一緒にクラブラグビーの試合をするために日本に移住します。

スコットランドの第1位の売春婦ジョージ・ターナー(George Turner)は、彼の国家代表のキャリアに影響を与えると思われる動きで、日本のチームKobe Steelersと契約しました。

グラスゴーは先月、スコットランドの国家代表で45試合に出場した31歳のフォワードが今シーズンが終わればスコットランドで7年間のキャリアを終えると発表しました。

火曜日に、ターナーが2024/25シーズンに神戸に参加することに合意したことが確認されました。 この移籍を通じて元ウォリアーズ監督のデイブレーニは現在日本側で同じ役割を担っています。

Gregor Townsendの選抜XVの主軸となった最前方選手は、2019年日本ラグビーワールドカップでプレーすることが極東地域に移籍するという願望を呼び起こしたと明らかにしました。

彼は「日本に住んで遊ぶ良い機会を逃すことができなかった」と話した。 「ワールドカップ以来、いつも帰りたかったです。

「Kobeは素晴らしいチームです。彼らの成功に私ができることをすべて追加したいのです。

Turnerは、United Rugby Championshipの栄光を得ることができれば、Glasgowを最高水準にする機会があります。 ウォリアーズは土曜日準決勝戦でモンスターと対戦します。

選手の動きのために彼は国際選抜から正式に除外されませんが、日本ラグビーリーグ1のスケジュールは2025年初めに始まるシックス・ネイションズと直接衝突します。

スコットランドには、売春婦のための確実な選択肢がありません。 スチュワート・マッキナリーは昨年引退し、フレイザー・ブラウンは今シーズンを最後に選手生活を終える。

ターナーの移籍の結果、ターナーが出場できなくなると、エジンバラのEwan AshmanとフリースコアグラスゴーフォワードJohnny Matthewsがスコットランドのコーチタウンゼンドが利用できる唯一の売春婦になります。

jw/iwd

READ  アジアカップ:オーストラリアがインドネシアを制圧し、チャンピオン日本が勝利に出発
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours