経済

フライス会社Nippon、NIPPNにブランド変更| 2021-01-21

TOKYO – 創業125周年を迎えたNippon Flour Mills Co. Ltd.は、日本初の近代的な製粉会社で1896年に運営を開始し、独自のブランドを変更しています。

食材とヘルスケア製品の製造に、より正確に反映するために、東京に本社を置く同社は、1月1日正式に社名をNIPPNに変更しました。

NIPPNの事業開発およびサポート担当マネージングディレクター兼ゼネラルマネージャである木村亜希子(Akiko Kimura)は、「私たちの会社名の変更は、創立以来初めて発生し、私たちは、この完全に生まれ変わること、新しいスタートアップとみなされます。 国際事業部。 「私たちは、製粉から開始して、食品、既成式、ヘルスケアに拡大した事業の多角化と会社名と一緒に象徴的なメッセージを送信して成長分野での事業拡大を加速することを目指しています。 変化」

独占インタビューで 世界の穀物、姉妹出版物 フライス加工、ベーキングニュース、Kimura氏は、会社が多角化してブランドを変更することを決定は、日本で発生したかなりの人口統計学的、社会学的、食生活の変化によって駆動されたました。

彼女は人口の高齢化、減少した出生率は、より多くの女性が労働力に参入しており、二重収入および小規模世帯の増加はもちろん、既製と健康に敏感な消費者の需要は、同社の影響を与える要因として指摘しました。 方向。

Kimura氏は、「食品事業の売上高は増加し、今小麦粉製粉事業の二倍に増加しました。 「私たちはヒャンフイ部門で、より多くの成長を実現するという決意を明確にするために、会社の名前を変更することを決めました。」

2019会計年度にNIPPNは3,335億円(26億5千万ドル)の売上高を記録しました。 総売上高の58%は、食品部門では、31%は小麦粉製粉では、11%はヘルスケア製品を含む「その他」の事業部門で発生しました。 そしてペットフード。

会社の大規模な食品事業では、次のものが含まれます:プレミックスを製造する食材。 パスタや家庭用食料品を製造する加工食品事業; 主に冷凍生地と冷凍パスタを生産する冷凍食品事業; お弁当とデリー食品を生産する中ショック(既製)ビジネス。

「最近、家庭用冷凍食品の販売が特に拡大しています。」と彼女は言いました。 「一人の食事の必要性や快適のために需要が増加した。 家庭用冷凍食品は、味を追求するだけでなく、多様なニーズに合わせて製品ラインナップを拡大しています。 特に冷凍パスタカテゴリーで多くの製品を販売しており、プレミアム機能と品質が強化された本格的なパスタシリーズと大型パスタシリーズが成長しています。

「また、ステープルやメイン料理を同時に楽しむことができる皿に盛った冷凍食品は冷凍パスタ以外の食品でも人気を集めています。 環境に優しいトレイを製品容器として使用して、顧客から好評をいただいています。 “

フライスで強さを維持

Kimura氏は、小麦粉製粉の特定の事業を表現した、以前の会社名が「これ以上会社やグループを完全に説明していない」と述べたが、製粉はNIPPNポートフォリオの重要な部分として残るでしょう。 食品部門の売上高は、より高いが、2020年3月20日に終了した2019会計年度には、食品部門の44%に比べて、会社の営業収入の51%を占めたのは製粉部門でした。

彼女はNIPPNの食品部門が営業利益の面でフラットた理由の一つは、会社がその分野の将来の成長を解決するために継続して、大規模な設備投資をしているからだと述べました。

NIPPNはNisshin、Showa SangyoとNitto Fujiとともに日本の「4大」製粉業者の一つであり、これは日本の製粉市場シェアのほぼ75%を占めています。 近年NIPPNは、日本製粉市場シェアの22〜24%を継続的に確保し、毎日製粉容量が5,440トンの7つの製粉工場を続けアップグレードしています。

Kimura氏は、「海外での原材料調達に有利な沿岸製粉所の統合と追加原材料サイロの建設を推進しています。 「例えば、私たちは小麦粉の製粉のための追加のラインを設置し、2012年にKobe-Konan Millに新しい原料サイロを設立し、2014年にChiba Millに追加原材料サイロを建設しました。」

Kimura氏は、1人当たりの年間小麦消費量が約33kgで平坦なのに対し、数十年の間に、日本の食事の主食であった米は、ここ数年の間に減少傾向を見せていると指摘しました。 彼女は米粉の需要が増加しているが、自宅でご飯を炊くの割合が特に急激に減少していると指摘した。

ほとんどの製粉小麦は米国、カナダ、オーストラリアから輸入されるが、Kimura氏は「国産小麦作られた製品は、より多くのリリースに伴い、日本産製品の需要が増加して日本産小麦の需要が増加しています。 “

1959年からプレミックス事業をしてきたNIPPNは2020年10月、福岡工場に新しいプレミックス工場を完成しました。 日本の東の流崎工場と日本西部の神戸苦難工場にすでにプレミックス工場があります。

「福岡工場、この新しいプレミックス工場が完成すれば、私たちのプレミックス事業のための3つの工場があるでしょう、会社は生産能力を高め、より効率的な生産と物流システムを持つことが期待されます。」とKimura氏は言いました。

グローバルフットプリントの増加

NIPPNは、日本以外の地域で継続的に地位を広げてきた現在、中国、タイ、インドネシア、米国で事業を運営しています。

「海外事業は、今後集中的に推進されるNIPPNの成長分野の一つである」とKimura氏は言いました。 「我々は、現在、アジアと北米で急速に成長している市場に集中しています。 アジアでは、中国の3つの事業所とタイ、インドネシア2つの事業場でプレミックスを中心に、地域のプロモーションや販売活動を行っています。 私たちは、事業活動を拡大するために、これらの分野に積極的に投資しています。 “

2020年にNIPPNは、タイに新冷凍パン生地の生産工場を完工し、現在、インドネシアに新プレミックス工場を建設しています。 2018年NIPPNは、中国の新しいプレミックス工場を建設し、タイのプレミックス工場に追加ラインを設置しました。

北米市場ではNIPPN California、Inc. とPasta Montana LLCがNIPPNの系列会社で運営されています。

1997年に設立され、2000年にNIPPNに買収されたPasta Montanaはモンタナ北部中部地域の「黄金の三角形」として知られている地域で育った高タンパク高グルテンデュラムを使用します。 70種類以上のドライパスタを生産しています。

2005年に設立されたNIPPN Californiaは、日本料理をベースにしたプレミックスを含む、顧客の要求を満たすために、幅広いカスタマイズプレミックスを提供するKimura氏は言いました。

「NIPPN Californiaはまた麺とパン小麦粉だけでなく、様々な補助材料を提供することで、顧客の製品開発を包括的にサポートします。」と彼女は言いました。

最近、北米事業拡大中米国のパスタ工場に追加の生産ラインを設置したことありました。

ヘルスケア成分

NIPPNの多角化戦略を使用して、会社は食糧生産を超え、人間が消費することができる食品を生産することができます。 「その他」のビジネスカテゴリに分類されたNIPPNは何年もの穀物ベースの研究をもとに、健康管理やペットフードを製造します。

「ヘルスケア部門は人口の高齢化の進行とともに、より多くの人々が健康を意識するようになり、有望な分野です。」とKimura氏は言いました。 「私たちは現在、亜麻仁油、亜麻仁粉のような亜麻仁製品と亜麻仁油、セラミド(皮膚保湿剤)、マース酸などを使用したドレッシングを扱っています。 “

セラミドは、需要の高い製品となった。 この会社は、すべてのNIPPNのセラミド、植物から抽出され精製されて、色、風味と香りに影響を与えることができる不純物の痕跡だけが残ると指摘します。

同社は、「加工安定性に優れ、様々な製品に適用することができます。

2014年NIPPNは、米国の農業食品研究院とオーガ炉協力して、米ぬかから高純度セラミドを継続的に工業生産するための世界初の技術を開発した。

NIPPNは “その他”の事業部門が年間統合営業収入の約5%を占めていると言いました。

READ  Meesho、SoftBank主導で3億ドル調達

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also
Close
Back to top button
Close
Close