フラッシュバック金曜日| 資産価格バブルが日本経済をどのように引きつけたか

Estimated read time 1 min read

日本の株式市場が好況を享受している。 日本証券市場の日経指数は1990年以来初めて3万7000選を突破した。

これは、低い収益率のために長い間グローバルな投資家から免れてきた日本の株式市場の復活を意味します。

2023年東京証券市場は28.2%上昇し、昨年S&P 500の26.28%上昇率を超えた。

外国人投資家は株式市場に数十億ドルを注ぎ続け、1月に日経指数は8%上昇しました。 二つの大きな要因が、東京証券取引所を外国人投資家にとってより魅力的にした。

最近、企業支配構造の改革により、企業は株主への収益を増大させました。 さらに、円安は収益を改善し、日本の株式の価値を高めるのに役立ちました。

現存する最高の株式市場トレーダーであるウォーレン・バフェットが日本株に対して楽観的な態度を見せたのも当然です。

日経の1989年記録である38.915ポイントが今や可視化されました。

株式市場の上昇は、日本の30年間の景気後退がほぼ終わるという兆候です。

1990年代から始まった日本の「失われた10年」は「1%」の成長とデフレに代表される。

この国はかつて米国の経済的力に対抗する超強大国になるための競争に参加しました。 実際、1980年代の米国企業は日本の先端技術ブランドと激しい競争に直面しました。

巨視的な次元で、アメリカと日本は貿易をめぐって争いを繰り広げた。 1980年代半ばまで、東アジア諸国は米国の最大貿易相手国となった。 貿易赤字が拡大し始めると、米国はギャップを埋めるためにいくつかの関税を課し始めました。

さらに、日本は米国の最大債権国となり、両国関係をさらに複雑にした。

1980年代、日本は現在の中国をそのまま反映したとしても過言ではないだろう。

では、日本の経済奇跡には何が間違っているのか?

一般に、1980年代の資産価格の泡が1990年代の経済を揺るがしたと考えられる。 持続的な長期経済成長の「幸福感」は日本の資産価格を上昇させました。

しかし、資産価格の上昇と当時の実際の経済ファンダメンタルとの間には大きな不一致がありました。

アナリストは、資産価格バブルの範囲を、典型的なバブルの3つの主要な要因が共存した1987年から1990年の間に絞り込みます。 しげのり白塚教授は次のように語った。 資産価格の著しい上昇通貨供給の拡大 そして信用そして過熱した経済。

日本銀行の通貨緩和(通貨供給の増加と信用緩和)は、資産価格の泡を膨らませるのに大きな役割を果たしました。 1986年から1987年まで、日本銀行は借入金利を5%から前後最低値の2.5%に引き下げました。

外部要因により金利引き上げが遅れ、特に円高が日本の活気ある輸出市場に打撃を与える可能性があるという懸念がありました。

1989年初め、中央銀行が金利の引き上げを決定したとき、資産価格の泡は無視できないほど大きくなりました。

2年間の金利引き上げ周期は、ことわざのように「泡」を引き起こしましたが、価格が頂点に達する前には発生しませんでした。 推定によると、株価は1989年12月の頂点に達し、大都市の地価は1990年9月の頂点に達し、全国の地価は正確に1年後に頂点をとった。

中央銀行は1991年半ばから通貨政策を緩和し始めた。 しかし、これは資産バブル崩壊の伝染効果を妨げることに失敗した。

株式市場は1989年12月から1992年8月まで60%暴落し、土地価格は1990年代中下落し、2001年まで70%下落した。

日本の実物経済への即時の影響は少なくとも10年間続きました。 1992年から2003年まで、経済は1%を超えて成長することができず、生産量は以前の可能性を決して達成できませんでした。

「バブル」はユニークな経済現象ではありません。 国家は経済循環の一部としてこれらの問題に直面している。 しかし、ほとんどが回復し成長します。

しかし、最近の歴史が言うように、日本は価格バブルがオフになってから一度も反騰することができませんでした。 資産価格の泡とその余波は、今や経済管理のケーススタディです。

最近、中国が不動産部門の弱体化に苦しんで、この危機が再び大衆の関心を集めました。 多くのアナリストは、中国がデフレによって需要が崩壊する「日本化」を経験していると信じています。

中国の「日本化」が恐ろしいのか究極的なのかは依然として学問的論争の問題だ。 中国の膨大な規模と影響力を考慮すると、はるかに小さい日本との比較は不公平に見えます。

しかし、島国の危機は、「経済的幸福感」に注目し、安定したマクロ経済政策を維持しなければならないことを目覚めさせる役割をしています。

READ  ヤマギワ新長官「日本、経済支援に必要な措置を取ること」
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours