世界

フランシスコ教皇、カトリック寮学校先住民虐待謝罪のためにカナダを訪問

バチカンは今回の旅行を「参加する巡礼」と呼び、教皇は日曜日、エドモントンでジュスタン・トゥルード首相とメアリー・サイモン・カナダ総督が受け入れる予定だ。

その国にいる間、彼は先住民のグループに会い、その国の寮学校で先住民文化の虐待と抹消に関するスキャンダルを扱います。

先住民の指導者たちは、何十年もの間、先住民の子供たちに与えられた被害に対して教皇の謝罪を長く求めてきました。 昨年、 何百もの未表示の墓 ブリティッシュコロンビア州とサスカチュワン州の以前の寮学校の敷地で発見されました。

カナダの真実和解委員会は、4,000人以上の先住民の子供たちが寮の学校で放置されたり虐待されたり、その多くがカトリック教会で運営されていると報告しました。

4月の教皇はバチカンの先住民の指導者たちに言いました。価値に対する尊重の欠如。

教皇は、旅行期間中、カナダの領土であるヌナブット(Nunavut)の首都、ケベックとイカルイット(Iqaluit)も旅行する予定だ。 彼の訪問を通して、2人のカナダの枢機卿、マーク・オエレ枢機卿とマイケル・チェルニー枢機卿が同行します。

85歳のフランシスは今月初めの膝の問題でアフリカ旅行をキャンセルした。

彼はロイター通信とのインタビューでウクライナのウクライナ侵攻後もロシアを訪問する計画だと明らかにしたが、ウクライナ訪問よりその目的地を優先視し、ロシアの侵攻に対して部分的にNATOを非難したという批判を受けた。

フランシスは「行きたい。ウクライナに行けそうだ。最初にロシアに助けを求めるのだが、両方の首都とも行きたい」と話した。

フランシスコは6月、イタリアの新聞ラ・スタンパとのインタビューで、戦争が「何らかの方法で挑発を起こしたり、妨げなかった」と話した。

フランシスコ教皇は、ロシアがウクライナを侵攻する前に、「NATOがどのように動いているかを非常に心配する」「国家敵」に会ったと述べた。

CNNのHada MessiaとRadina Gigovaが報道に貢献しました。

READ  習近平、金融経済会議で「公営繁栄」を強調

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close