フランシスコ教皇「聖地の人々の膨大な苦しみのために祈ってください」

Estimated read time 1 min read

フランシスコ教皇はウクライナと聖地で戦争に苦しむ人々のための祈りを重ね訴えながら「これは戦争ではなくテロリズムだ」と話した。

フランチェスカ・メルロー

「これは戦争ではない。これはテロリズムだ」 フランシスコ教皇はこの言葉で聖地を荒廃させているイスラエル・ハマス戦争を描写しました。

水曜日の一般的なアルヒョンのためにサンピエトロ広場に集まった信者たちに話しかけたとき、教皇はパレスチナ人とイスラエルで苦しんでいる人たちに考えました。

アピールでは、彼は特にウクライナ、イスラエル、パレスチナで様々な戦争に苦しむすべての人のために祈りました。

教皇聖徒は、同じ日の11月22日の朝、2人の代表団との出会いを思い出しました。 一人はガザ地区に人質でつかまっている親戚がいるイスラエル代表団で、もう一人はガザ地区で苦しんでいるパレスチナ家族です。

教皇は午前7時30分にカサ・サンタ・マルタ(Casa Santa Marta)官邸でイスラエル代表団12人と初めて出会いました。 それから彼は午前8時ごろ、パウロ6世ホールの一部屋でパレスチナ代表団に会いました。 パレスチナ代表団はガザ地区に親戚を置いたキリスト教徒とイスラム教徒など10人で構成された。 彼らはFr。 ガザ地区聖家正教会の教区司祭であり、ギリシャ正教会の花嫁であるガブリエル・ロマネ​​リ(Gabriel Romanelli)。

二回の出会いで、フランシスコ教皇は彼の苦悩と彼らの苦しみに対する親密さを表現しました。

教皇は一般のアルヒョンで「彼らはあまりにも多くの苦しみを経験している。私はそれらの両方がどんな痛みを経験しているのか聞いた」と話し、「戦争がそうする」と付け加えた。

教皇は「しかしここで私たちは戦争を越えた」と強調した。 「これは戦争ではない。これはテロリズムだ」

情熱の代わりに会話

教皇はすべての人に「平和のために祈りなさい。 いつも平和のために祈りなさい」と勧告した。

続いて教皇は、「主が私たちが問題を解決するのを助けてくださり、すべての人を殺す欲望にさらされないように」祈りました。

教皇は「パレスチナ国民のために祈りましょう。 イスラエル国民のために祈り、平和が訪れるようにしましょう」と話した。

教皇庁公報室長のマテオ・ブルニーは、この金曜日、フランシスコ教皇が代表団と会うことを発表し、今回の出会いは、フランシスコ教皇が苦しむ人々に対する精神的な親密さを示すための「純粋に人道主義的な性格」であると強調しました。 各個人の」。

READ  カナダの裁判官は、Huawei CFOは、米国、インド事件でHSBCのドキュメントを使用することはできません。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours