フランシス・ティアフォー、日本オープン決勝進出のために戦い、テイラー・フリッツと全米衝突を設定

1 min read

フランシス・ティアフォ(Frances Tiafoe)は、土曜日の日本オープンで、テイラー・フリッツとの全米決勝戦で韓国のクォン・スンウを6-2、0-6、6-4に折り、すでに輝くシーズンにもう少し光を加えました。

去る9月USオープンで初のグランドスラム準決勝に上がったティアポは2セットの不振な勝利にもかかわらずシーズン2度目の優勝を占めた。

24歳のTiafoeは、「不思議な試合でしたが、合格してうれしいです」と言いました。 「この種の試合では…いつもきれいではなく、常に最高のものになることはできませんが、勝利は重要です。」

Kwonはオープナーで時々緊張するように見え、アメリカがセット6-2を主張する前に5ゲーム連続でガタガタしながら、Tiafoeの巧みな精度、タッチ、パワーの組み合わせに対処するために苦労しました。 しかし韓国は2セットを6-0に完破した。

4回のシードを受けたTiafoeは3セットで勝点を上げ、5-2の試合に必要な2つのブレークポイントを獲得しましたが、もう一度倒れました。

アメリカ人はクロスコートのフォーハンドで第二の要求で勝利を封印した。

3位フリッツは2次準決勝でカナダのデニス・シャポヴァロフを6-3、6-7(5)、6-3で破った。

このペアは、最初の2つのセットを分割し、ゲーム中に高品質のショットを交換しました。

フリッツはスリップし、まだ優れたローブシュートを成功させ、デサイダーのブレークポイントを獲得し、5-3に上がり、エースで試合を終えました。

彼の勝利により、彼は来週のランキングで10位以内に入ることができました。

インディアン・ウェルズ(Indian Wells)とイーストボーン(Eastbourne)で他の2大会で優勝したFritzの今年3回目の決勝戦です。

READ  任天堂が2021年に日本で2,300万以上のスイッチゲームを販売
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours