世界

フランスのクマ攻撃:70歳のハンター、遭遇後の「深刻な」怪我

イノシシを追っていたハンターは、高山憲兵隊の助けを借りて「心配な状態」ですぐに地域病院に移送されたと声明は伝えた。

フランスの憲兵隊の広報担当者は、憲兵がクマを撃ったかどうかをCNNに確認することができなかったが、アリエジュ県は憲兵隊が「被害者が発見された場所の下でクマの死体を発見した。人間と動物の出会いに関連する事故について」

以後、事故経緯を調査するための司法部が進行された。

ヨーロッパ最大の捕食者であるヒグマは、1996年にフランス政府がピレネー山脈に再び導入するプログラムを開始するまで、フランスからほとんど消えました。 その年、フランス当局はピレネーションクマのような種に属するスロベニアからクマを輸入し始めました。 南西の山岳地帯から解放します。

フランスの生物多様性事務所傘下のヒグマネットワークの報告によると、昨年ピレネー山脈に64匹のヒグマがあり、すべてのスロベニアのクマの子孫が長年にわたって再導入されました。

彼らの存在は家畜に対する脅威のために地域の農家と緊張を高めます。 報告書によると、アリエ州は最もクマが多いフランス州で、昨年最もクマ関連の被害が測定されたところで、2020年にはクマに関連した攻撃が329回発生しました。

READ  加藤厚労相米国モデルルナ社の新型コロナウイルスの国内供給に販売代理店は、武田交渉推進| ニュース| ミックスOnline

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close