世界

フランスの極右が主要地域の選挙で敗北

日曜日、フランスの地方選挙で極右候補が敗北した地域で支配権を確保しようとする党の野望に大きな打撃を与え、来年の選挙の大統領の願望を弱体化させた。

Associated Pressレポート 極右国民集会党が全国的に20%の得票率を獲得しました。 これはまだフランスの人口に広く広がっているあたりの一般的な嫌いを反映します。

フランス12地域中のどこにも、日曜日に政党を変えておらず、主流政党はそれぞれの地域を維持しました。 APは有権者と政治家の両方極右政党が権力を得ないように防ぐには共同の努力を祝うかのように見えたと指摘します。

右翼政治家慈悲のベルトランは極右国家集会が「中断」しただけでなく、「私たちは、それを大きく後退させた」とお祝いしました。

仲間右翼議員であるローランワクウィエスはオーバーニューロンアルプ地域で極右派が「繁栄する余地がない」と宣言した。

有権者は人種差別、反ユダヤ主義的、反移民的イメージによって延期されたことがありますが、これは以前に国民戦線と命名された全国集会が努力にもかかわらず、揺れなかったということです。

APは有権者の3分の1だけが投票をし、今年の投票率が低く、これは極右の勝利の可能性を損傷させたかもしれないと指摘しています。 世論調査では、全国集会が少し勢いを持っていると提案したが、結果はそうでないことがわかった。

全国集会の指導者であるマリンルペンは自分の政党が勝利を得たことを認めて、来年の大統領選挙を期待すると述べた。 APは、次の選挙が「これまで以上に、より多くの選挙を可能にする選挙になりそうだ」と話した。 政治と政治家の変化のために」

READ  マイクポンペイオ "イスラエル、米国の「緩和」とと攻撃が必要」

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close