トップニュース

フランスの父、日本人の妻に拉致された子供のための断食闘争

発行日: 修正:

東京(AFP)

日本のフランス人が日本人母親に拉致されたと言ったフランス人は、先週の土曜日東京で断食闘争を開始した。 彼は彼の家族と再会するための彼の闘争に国際的な関心を呼び起こすことを希望した。

Vincent Fichotは、AFPとのインタビューで、「すべてのものを受け、過去3年間の仕事、家、貯蓄を失った。今体重が80kgであり、最後の1gまですべてでしょう。」とAFPに言いました。 新しいオリンピック競技場から遠くない東京の駅の入り口に座っています。

日本で15年を生きているピショ(39)は、彼の子供の6-4歳の男の子と女の子が戻ってくるまでハンストを放棄しないと述べた。

これ失敗した彼は、「私はフランス当局は、彼らが真剣で子供を本当に保護したいということと、日本が私の子供の権利を保護することに合意するまで、日本の制裁ルルガということ、フランス当局が示してもらいたい」と語った。

彼の妻は彼の家庭内暴力に告発したが、後に、その主張を撤回し、日本の司法制度は、今では “私を非難することがない」と話した。

“私はすべてのことをしようとしたし、子供たちに良くないと妻に言ったことで、妻を説得しようと努力しました」と付け加えました。 「今は生きているかどうかさえわかりません。」

日本では、離婚や別居時の子供の共同親権が法的に存在しません。 日本では、親拉致が簡単で一般的地方当局がしばしば容認します。

公式の数字はありませんが権利団体は、東アジア諸島で毎年約15万人の未成年者が親と強制的に分離されたものと推定しました。

その中には日本の当局とレンガの壁にぶつかったピショのようなエキゾチックな子供たちが、フランス国と国際機関に頼っています。

彼は昼と夜の断食闘争を続ける計画であり、警察が彼を追いかけ内面別の場所に行くと言いました。

同じような状況にある他の外国人の親を含む東京に拠点を置く支援委員会の委員は、彼に水と服をもたらす彼の電子機器を充電するように助けることです。

また、Fichotは自分の状況を知らせフォロワーに自分の身体の状態に関する最新情報を提供するために、フェイスブックのページに短い毎日のビデオを投稿する予定です。

エマニュエルマークロング、フランス大統領は、オリンピック開幕式に出席するために、今月末東京に到着する予定だ。

最後に、日本を訪問している間、マークロングは「完全に受け入れることができない痛みの状況」を非難し、日本で子供たちと別れたフランスの親を支持すると言いました。

READ  日本人ママのYouTubeポストがアンチバックプロットを防ぐことができますか?

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close