エンターテインメント

フランス映画、テレビ振興団体Unifrance、東京でアジア支社発足、第30回日本フランス映画祭ラインナップ公開

ユニフランスフランス・テレビ広報団体は、日本、韓国、東南アジア、インドを含むアジア全域で業界イベントを推進するため、東京に支局を設立しました。

新しいオフィスを率いるように任命されたEmmanuel Pisarraは、この部門の創設がタイムリーに行われたと指摘しました。 「ファンデミックのため、過去2年間、現場に行かなかったが、日本は依然としてフランス映画の4番目に大きな海外BO市場であり、韓国と東南アジアも主要市場になっていると付け加えた。組織はすでにIsabelle Glachantが率いる中国、香港、台湾でイベントを調整するオフィスがあります。

バラエティでもっと見る

Unifranceは12月1日から4日まで日本横浜で第30回フランス映画祭を開催します。 フェスティバルは、Romain DurisとEmma Mackay(写真)が主演したMartin Bourboulonの時代劇である「Eiffel」で始まります。 この映画祭の他の映画としては、オードリー・ディワンのヴェネツィア受賞作品「ハッピーニング」、Xavier Giannoliの「ロスト・イルミッション」、エリック・グラベルの「A plein temps」、Lola Quivoronの「Rodeo」、Mia Hansen-Loveの「One Fine Morning」などがあります。

11月30日と12月1日には、Charades、Film Constellation、France tv distribution、Gaumont、Indie Sales、Kinology、Le Pacte、Les Films du Losange、Loco Filmsなど19のフランスバナーの販売代理店とともに映画市場が開かれます。 、Luxbox、mk2フィルム、パテインターナショナル、プルサールコンテンツ、SND、Studiocanal、The Party Film Sales.

毎年のフェスティバルや市場に加えて、Unifranceの東京事務所は釜山や香港映画祭などのイベントや地域のパートナーとのイベント調整を担当します。 この組織は最近、日本の独立出品会社に特別救済資金を提供しました。

Pisarraは以前、TF1、Doc&Film、およびKinology(「Annette」)を含むいくつかのフランスの販売会社で働いていました。 日本語に堪能な役員は、日本で数々のインターンシップを終え、Leos Caraxの「Annette」などの日本共同制作に参加しました。

ベストオブバラエティ

参加 バラエティニュースレター。 最新のニュースを見るにはフォローしてください。 FacebookTwitterそして インスタグラム

記事全体を読むにはここをクリックしてください。

READ  ミステリーが横田空軍基地の元DODEA代理教師の消失を囲む - 太平洋

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close