フランス映画観客を日本の文化に導くトラサンシリーズ

1 min read

1969年から始まった浮浪行商人を扱った日本の長寿映画シリーズが現在、フランス映画愛好家たちの心をひきつけています。

東京の伝統家屋で人々の個人的な交流を描いた山田洋司監督の「男は大変だ」の人気がフランスで上がっている。

2019年までに50年にわたって発売されたタイトルが50個に達するこのシリーズの突然の人気に対する理論が多いです。

一つは、主人公の名にちなんで「トラサン」とも呼ばれるこの作品が日本世代と同様にフランスの観客たちの目をひきつけて心金を鳴らすようだという点だ。

もう一つは、有名監督が撮影した日本映画がフランスで人気を集めているという点だ。

特に注目に値するのは、ジャンリュー・ゴダルとフランスのニューウェーブ運動の有名映画制作者たちにインスピレーションを与えた三口賢治監督の作品です。

大津康次郎の作品は、回顧展を頻繁に上映することがよく知られています。

山田は大島なぎさを含む同じ世代の創作者に比べてあまり有名ではなかった。

初期受信未知

2008年には、日本文化広報のための地域センターであるMaison de la Culture du Japon a Parisが「Otoko wa Tsurai yo」シリーズの3本の映画を上映しました。 しかし、出席率は低調でした。

2022年パリの日本文化院として知られる文化センターで開かれた展示で「男になるのは大変だ」の主人公であるとらさんがスクリーンに登場します。 (提供:男になるのは大変です)クロード・ルブラン)

今回のイベントは、日本・フランス友好150周年を記念するため、映画開発及び配給会社である松竹(株)の歴史を扱った特別プログラムとして企画されました。

松竹関係者は「フランスファンの間では作家主義が強い日本映画を好む傾向がしっかりした」と回想した。 「トラサンはポピュリズムなイメージとしっかりとつながっており、多くの人がそのスタイルが洗練されていないと思っていました」

しかし、ついに流れが変わりました。

Maison de la Culture du Japon a Parisは、2021年11月から今年1月まで、「Un An avec Tora-san」(ドラさんと一緒に1年)のプログラムで、「Otoko wa Tsurai yo」のすべての映画上映を開始しました。

毎回客席280席のうち半分~80%が満たされたが、過去オズ、溝口など日本を代表する巨匠たちの作品が上映された時も30~40人に達する観客が集まった。

そこで「おとこわつらいよ」のいくつかのタイトルが再び上映されました。 フランチャイズの3番目の上映はすでに予定されています。

「おとこわつらいよ」を見て、観客は時々笑いと拍手を送った。 一部の観客は涙を浮かべて、虎像を眺めながら楽しむ姿も見せた。

センターのオペレーターは、訪問者の60%がフランス人であることを明らかにし、これは日本人訪問者の割合を超えています。

TORA-SAN関連

トーラサンシリーズに精通したフランスメディアのクロード・ルブラン(59)は、このフランチャイズの人気がアジア諸国の有名産業を超え、「日本の隠された側面」に対するヨーロッパ諸国の関心が高まっている最近の事例だと指摘した。 漫画とハイテク。

ルブランが言及したもう一つの理由は、フランスの市民の特徴である家族の絆を重視することに関連しています。

彼は、観客が「おとこわつらいよ」の主人公を悩ませるロマンチックな困難に共感できると推測しています。

とらさんはヒロインと恋に落ちるが、拒絶されたり、彼女を自ら放してくれることに決める。 そして彼は失望した心で新しい旅行を去る。

彼の妹さくらと和食餃子屋を運営する虎上の叔父と叔母はいつもとらさんを暖かく歓迎する。

20230907-トラサン-1-L
エッフェル塔近くパリ日本文化院として知られる文化センターに「トラサン」と書かれた大型ポスター(右)がかかっている。 (パリ日本文化院及び松竹株式会社提供)

ルブランは「トラサン映画は家族と共同体の理想的な形態を提示するが、今隣人との接続が断絶され、家族が解体され、孤立社会が到来するのに一助している」と主張した。

コロナ19ファンデミック(世界的な大流行)もこの傾向を主導することができる。

ルブランは、「特に街が長期間厳格な封鎖に入った後は、他の人と映画館で時間を共有することが魅力的に見えるかもしれません」と述べました。

フランス人は、自分の人生を豊かにするためにユーモアとコメディを受け入れることにも関連しています。

カジュアルながらもファッショナブルなセリフを自分だけのユニークな話法でつなぐとらさんの発言は、他のすべてのキャラクターの鋭いウィットと組み合わせられ、シリーズの大衆化に一助となりました。

ルブランはシリーズの感動的な主人公と画面に収められたリアルな日本描写に大きく魅了され、『Otoko wa Tsurai』のフランス語解説書『Le Japon vu par Yamada Yoji』(山田洋二が見た日本)を出版しました。 エヤディ。」

ルブランの説明によれば、リール北部からストラスブール東部、ルマン西部、トゥールーズ南部、フランス全域の映画館で「おとこわつらいよ」を上映したいと考えています。

近いうちにその地域で上映が行われると予想されます。

セクシーな男として見たとらさん

山田監督は学生時代、マルセル・パニョンなど作家たちのフランスのコメディにすっかり落ちていたという。

「彼らの中には,人間の愚かさと愚かさを受け入れ,受け入れ,自分の人生を生きようとする寛大な精神が根付いていました」。 「これがとらさんの由来だと言えますね」

山田さんは、映画評論家の淀川長春さんが過去の虎像をエロティシズムとは違う一種の「男性的セクシーさ」を漂わせると描写したと述べた。

「私は彼の男性のセクシーさと無邪気さがフランスのファンに拒否できない魅力の一部であると信じています」と彼は言いました。

READ  University Press of Kentuckyで出版された「最も偉大な映画100冊」の1つ - Winchester Sun
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours