スポーツ

フリハルフ山澤、中間テストのための日本のリコール

ラグビー – アジアラグビーチャンピオンシップ – 2ラウンド – 香港v日本 – 香港、中国 – 17. 13. 5. – 日本の山澤拓哉が香港選手たちに追われている。 REUTERS/ボビー口

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、5月31日(ロイター) – 埼玉ワイルドナイツフライハーフ山澤拓哉が日曜日リーグ1決勝戦で英雄的な活躍を繰り広げ、ウルグアイとフランスとの中間テストのため日本代表チームに招集された。

ヤマサワは、通常のテストフライハーフである負傷したチームメイトのリキヤ松田に代わって、ウィルドナイトが東京サンオリアスを18-12に勝つのを助け、すべてのブラックが得点することが確実であるように、Damian McKenzieに決定的にボールを奪った。

2017年に祖国のために3試合をプレーした27歳の選手は、9人の無失点選手のうち、他のプレーメーカーイ・スンシン、中尾隆太と共に34人の訓練チームで唯一の国際フライハーフだった。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Yamasawaは、8番のJack Cornelsen、サイドプレーヤーBen Gunter、センターDylan Rileyで構成されたオーストラリア出身のトリオを含む、チームの10人のWild Knightsの1人でした。

「Brave Blossoms」は、6月18日に東京でウルグアイと1週間後に福岡で再会し、7月2日にトヨタでシックス・ネーションズチャンピオンのフランスと対戦します。 日本スクワッド:

フォワード – 稲垣慶太、アサエリ・アイバル、柿永信之介、キッズゆすけ、クレイグミラー、森川由紀夫、坂手敦司、橋本大郷、堀江晃太、天崎サウマキ、ワーナーディンス、サナラ・ワカ、ベンマサト、ピーター・ラブシャ、ジャック・コネルソン、パウロア・マキシ。

Backs – 斎藤直人、中島大樹、長瀬裕太、中尾隆太、山澤拓也、イ・スンシン、枝村優介、中野翔後、ディラン・ライリー、高橋太一、ジョン・ナイカブラ、ゲルハルト・ファン・デン・ヒーバー、シオシア、山下楽平、野区龍二、山中良平。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

シドニーのNick Mulvenneyの報告、Peter Rutherfordによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  JRA秋華賞(G1)であるリングの戦術は、「危険」!? 過去3連単3点的中の「極秘情報」が導出 "隔週末」に注目!京都内回りコース巧者一体... - GJ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close