技術

フルセラミック燃料を利用した新たな核熱推進エンジンは火星まで3ヶ月ぶりに移動可能 – GIGAZINE



シアトルに拠点を置く、核技術メーカーUltra Safe Nuclear Technologies(USNC)が新たな核熱推進エンジンのコンセプトデザインをNASAに納入したことに気づいた。

Ultra Safe Nuclear Technologiesは、NASAの高級核熱推進設計を提供
https://usnc.com/ultra-safe-nuclear-technologies-delivers-advanced-nuclear-thermal-propulsion-design-to-nasa/


新たな核エンジンのコンセプトは、火星の3ヶ月の旅行を実現するのに役立つことができます。
https://newatlas.com/space/nuclear-thermal-propulsion-ntp-nasa-unsc-tech-deep-space-travel/

地球から火星と深宇宙を目指しにおいては、いくつかの課題があります。 そのうちの一つが「移動時間」でNASAは、2013年に移動時間の短縮のためのエンジンの研究支援を表明しています。

火星ヘ30日に行くことができるようになる核融合エンジンの研究をNASAがサポート – GIGAZINE


2017年にはBWX Technologiesと新たな核ロケットエンジンの開発に3年契約を締​​結した。

新しいNASA契約に核熱推進技術の発展| NASA
https://www.nasa.gov/centers/marshall/news/news/releases/2017/nasa-contracts-with-bwxt-nuclear-energy-to-advance-nuclear-thermal-propulsion-technology.html

今まで使用されてきた化学ロケットエンジンは、理論的限界が近く電気推進ロケットエンジンの推力が低いため、ロケットエンジニアは「原子力」に注目しています。

今回USNC納入したという新しい「核熱推進エンジンのコンセプトデザイン」は、従来の核熱推進エンジン、より安全で信頼性が高く、既存の化学ロケットエンジンに比べてはるかに効率的だということ。 USNCマイケル・イズ・博士によると、発生させることができ特定の推力従来の化学ロケットエンジンの2倍だそうです。

使用される燃料は、高純度低濃縮ウランをベースに作られた完全セラミック燃料(FCM燃料)。 既存の燃料に比べて耐久性、安全、高温での運転が可能であること。

このエンジンは、地球〜火星間の移動時間をわずか3カ月に短縮することができ、ニュースサイトのNew Atlasは、「「深宇宙旅行に革命のために、核推進力を利用する」という目標の実現に貢献することができる」と評価しています。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  Intel、22年ぶりの離散GPU「Iris Xe MAX」を正式発表 - PC Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close