フレッシュフィールド、2つの新しい東京パートナーを通じて日本で急速な成長を強化

Estimated read time 1 min read

ニュース

Freshfields Bruckhaus Deringer(「Freshfields」)は、Noah CarrとGordon Palmquistをパートナーに任命しました。 両方とも会社の東京事務所に加わります。

Noah CarrはLatham&Watkinsの東京オフィスに加わり、この都市のMorrison&Foersterでもパートナーとして働いていました。 彼は、複雑な公共および民間の買収、分割、プライベートエクイティ、成長資本投資、合弁事業、戦略的アフィリエイトについてアドバイスし、日本のさまざまな企業や投資家、ならびに国際金融スポンサーにサービスを提供しています。 彼は日本で10年以上の経験を持っています。

Gordon Palmquistは東京のMayer Brownに加わり、以前は東京のShearman & Sterlingで働いた後、M&Aの仕事のパートナーとして働いていました。 彼は、海外のM&A、企業の分割と売却、企業の支配構造とプライベートエクイティ、不動産、インフラ、ベンチャーキャピタルへの投資について、日本の貿易会社、企業、金融サービス機関にアドバイスを提供しています。 彼は流暢な日本語を話し、日本に22年以上住んでいました。

NoahとGordonはどちらも米国の資格を持って登録された外国の弁護士です( ‘ガイベン‘) 日本では。 どちらも、顧客需要が絶えず増加している米国を含む、複雑な国境を越えた取引について顧客にアドバイスする広範な経験を持っています。 Noah and Gordonは、東京の既存のM&A、独占禁止および紛争チーム、アジア、アメリカ、ヨーロッパ全域の同僚と緊密に協力し、顧客の変化するニーズにサービスを提供し、日本は顧客のグローバル戦略でますますより重要な役割を担うことになります。

Freshfieldsのアジア地域管理パートナーであるThomas Ngは、「私たちのパートナーは、Noah CarrとGordon PalmquistがFreshfieldsに参加することを嬉しく思います」と述べました。 「両者とも、日本で最も認められている一部の企業や先導的な国際投資家に、さまざまなビジネスコア取引やその他の問題について助言を提供した強力な履歴を持っており、同僚から高い評価を受けています。 彼らの雇用は日本の成長動力の最新段階を表し、彼らの印象的な日本とアメリカの間の資格は尊敬される東京チームを強化し、M&Aビジネスをさらに成長させるでしょう。

Freshfieldsの東京マネージングパートナーであるNakeo Takeshiは、「NoahとGordonがFreshfieldsに参加する機会があることを嬉しく思います。」 「日本市場の深い経験と、日本と国際弁護士で構成される完全に統合されたチーム(すべての世界クラスのフルサービス提供とネットワークで支えられています)は、私たちのチーム、顧客、そして私たちのチームにとって成功した組み合わせです。 ビジネス。 今は日本事業にとって非常に興味深い時期であり、新しいパートナーと協力することを楽しみにしています。

READ  ワイアンドットと日本姉妹都市との関係、60年ぶりに固くなる - ニュースヘラルド
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours