スポーツ

ブラジルのオリンピックを主催する日本ホテルのコロナウイルスクラスタ

ブラジルのオリンピック柔道チームを主催する日本ホテルで少なくとも8人の従業員がコロナウイルスの陽性反応を見せた現地管理が木曜日発表した。

東京西浜松市の健康とスポーツの関係者は、土曜日に約30人の誘導の代表団がそこに着く前に、ウイルススキャンが完了したと言いました。

感染した個人のいずれも選手と接触していなかったと彼らは言った。

このニュースは、東京が選手、関係者とジャーナリストに対する厳格な感染防止対策を取りながら、ほとんど非公開でオリンピックを開催する準備をすることにより、出てきたことです。

市のスポーツ関係者である沢田義宣(Yoshinobu Sawada)は誘導チームと一緒に、「音声検査の結果が出てきた人だけ活動している」と述べた。

「私たちは(健康労働者)だけがバブルの中にいると、チームに説明しました。 私たちは、彼らが状況と私たちの対応策を理解したと思う」とAFPに語った。

感染したホテル従業員の一人の家族も陽性反応を見せた浜松の関係者は付け加えた。

東京は現在、感染が急増し、ウイルス緊急事態に置かれています。 市は水曜日1,149件を記録し、1月以降で最も高い数値を記録した。

首都周辺のいくつかの地域では緩やかなウイルスの制限を受けています。

オリンピック参加者は、厳格なウイルスルールの適用を受け、日本の大衆から大きく分離されます。

国際オリンピック委員会(IOC)は水曜日、7月1日から13日の間に到着した8000人以上の人々の中で到着後3人だけが陽性反応を示し隔離されたと述べた。

トーマス・バッハIOC委員長も7月23日に開幕するオリンピックを契機に、日本に「危険をもたらすしない」と約束した。

すべての最新のニュース、ニュース速報やコロナウイルスニュースをここにお読みください。

READ  日本まで外国観衆の決定、IOCのCoatesは言う

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close