ブラジルのルーラ、日本首相に自国産肉を食べて信者になるよう招待

Estimated read time 1 min read

サンパウロ(AP) – ルイス・イナシウ・ルーラ・ダ・シルバ・ブラジル大統領は金曜日、ブラジリアの首都で開かれた岸田文夫日本首相の初訪問を歓迎し、南米指導者は相手に自国の製品を買うよう圧力をかけた。 牛肉。

ブラジルは、2005年からラテンアメリカ諸国が追求してきた目標であるブラジル牛肉に対する日本市場開放合意を推進するために、量子会談を開催したいと考えました。 ルーラは首相に訴えながら、イベント中にステーキハウスで食事をしなければならないと主張しました。 彼の旅。

ルーラは記者会見で「昨日夕方に何を食べたのか分からない」と話した。 ルーラは岸田と日本代表団を望んで産業通商開発部長官であるジェラルドアルクミン副大統領に視線を向けた。 そして貿易。 「ぜひフミオ首相を祀り、サンパウロの最高のレストランでステーキを食べさせ、来週から牛肉の輸入を始めさせてください」

ルーラの下で、ブラジルは牛肉を国際市場に輸出する努力を強化しました。 ルーラが就任した2023年初頭から、50カ国(主にアジア)が規制を解除しました。 ブラジルの関係者によると、日本で消費される牛肉の約70%が輸入産であり、輸入量の80%が米国とオーストラリアから輸入されています。

「私たちの肉はあなたが住んでいる肉よりも安くて品質が良いです。 価格も分からないが、当社の製品がより安く、品質も最高だと確信しています。」とLulaは付け加えました。

公式貿易データによると、ブラジルは2023年に200万ポンド以上の牛肉を輸出したが、これは前年度の記録をほとんど破れなかったという。 韓国は世界最大の牛肉輸出国で、90カ国以上に輸出しています。 ブラジル外務省アジア太平洋担当長官エドゥアルド・パエス・サボイア(Eduardo Paes Saboia)は現在、畜産業の衛生状態が「2005年よりはるかに良くなった」とし「特にワクチン接種なしに口蹄疫のない地域を認める面でさらにそうだ」と言った。 ブラジリアの記者。

それだけ 畜産業はアマゾン熱帯雨林破壊の主な原因でもあります。 広大な熱帯サバンナ地方のCerradoもあります。 日本とブラジルは復元計画に対する日本の支援に同意した。 Cerradoの劣化した地域。 特に、サイバーセキュリティと投資促進分野の協力に関連する追加の協力契約が締結された。

岸田は両国会談後、記者会見で「グローバル課題を解決するための両国協力には大きな潜在力がある」と話しました。

彼は最近、アマゾンの熱帯雨林保護のためにブラジル政府基金に自国が300万ドルを寄付したことに言及しながら、環境保護措置、気候変動、持続可能な開発の分野で日本とブラジルの協力を強化すると期待していると付け加えた。 彼はまた、150人の日本の幹部が自分の旅行に参加したと言いました。

ブラジル大統領によると、岸田がルーラにした最初の言葉は次のようになる。 南部ヒウグランジ頭酒酒の洪水による被害者 金曜日の朝現在37人が死亡し、まだ数十人が行方不明になった。

ブラジルには日本を除く世界最大規模の日本人コミュニティがあり、270万人以上の日本人市民とその子孫が住んでいます。 アジア諸国で初めて船舶がブラジルに到着したのは1908年であり、移民は第一次世界大戦と第二次世界大戦の間に頂点を形成しました。

岸田首相は午後、パラグアイ・アスンシオンを訪問し、ビジネス首脳会議に出席し、日本社会との出会い、サンティアゴ・ペニャ大統領と晩餐をする予定だ。 土曜日の午前にはブラジルに戻ってサンパウロ日本人コミュニティに会い、サンパウロ大学で演説し、ビジネスミーティングに参加する予定だ。

READ  日本、韓国の有名政治家の竹島訪問に抗議
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours