理科

ブラックホールが「宇宙最恐」の3つの理由 – GIGAZINE



非常に強い重力によって時空を歪曲するブラックホールは「光さえも脱出不可能」であることが知られている宇宙の破壊の象徴ともいえる存在です。 そんなブラックホールが宇宙最恐」と断言3つの理由について、米国天文学会副会長を務めた経歴を持つ、アリゾナ大学の天文学部のクリスインピーダンス名誉教授が解説しています。

宇宙で最も恐ろしいのはブラックホールです。 ここでは3つの理由があります。
https://theconversation.com/the-scariest-things-in-the-universe-are-black-holes-and-here-are-3-reasons-148615

2020年にノーベル物理学賞は、アインシュタインの一般相対性理論によってブラックホールの形成を証明したロジャーペンローズさんと太陽の約400万倍の質量の超巨大ブラックホールの存在を明らかにしたラインハルトゲンチェルミスターアンドレアがス氏に授与され、ブラックホールに関する研究は、注目度の高いものとすることができます。 一般的に「光さえも飲み込んでしまう」と呼ばれるブラックホールについて、30年以上の研究を続けてきたインピーダンス名誉教授は、「ブラックホールは3つの理由怖いと呼ばれます」と、その理由を説明しました。

◆1:ブラックホールに吸い込まれるとバラバラになって死ぬ
ブラックホールは光さえも脱出することができないすべての物体の墓です。 インピーダンス名誉教授によると、もしブラックホールに吸い込まれたならば、強烈な重力によって引き裂か骨・筋肉・副鼻腔どころか体の分子もバラバラは「スパゲティ化」現象が発生すると、考えていること。また、スパゲッティ化は、世界的に著名な物理学者であったスティーブン・ホーキング博士が著作権」ホーキング、宇宙を語る」で紹介した一般的な認知度が高まった概念で、2020年10月には、実際にブラックホールが星をスパゲッティ化飲み込む瞬間が観測されています。

ブラックホールが星を「スパゲッティ化」させて嚥下瞬間が捕捉される – GIGAZINE


◆2:高エネルギーの放射線を出す
過去30年間、ハッブル宇宙望遠鏡の観測結果は、ほぼすべての銀河の中心にブラックホールが存在していることが表示されています最近の研究では、銀河で最も明るい存在になるクエーサー銀河の中心部に位置し、ブラックホールエンジンが光を放っていると考えられているそうです。

インピーダンス名誉教授によると、ブラックホールは重力によって近くの星とガスを引き寄せたとき、大量の放射線を出すことができクエーサーの明るさの原因とのこと。 この明るさについてのインピーダンス名誉教授は「都市の家・車・ストリートにある光源から発散される光を銀河に存在する星から発散される光だと思えばクエーサーから放出される光は、都市全体で出した光を数百倍、数千倍の明るさに相当します」とコメント。この光の原因となる放射線は “あまりにも近い場合、重力に引かれて壊れリスクに加え、高いエネルギーの放射線を受けて死ぬ可能性もあります」と述べています。

また、銀河の中心部に位置し、ブラックホールは銀河の形成と進化に重要な意味を持っていると考えられ、2019年には高エネルギーのガスを噴射して、星を形成するのに役立つした可能ブラックホールの存在が確認されています。

高エネルギーのガスを噴射して、複数の銀河間の星を成長ブラックホールが発見された – GIGAZINE


◆3:吸い込まもバラバラになって死なず、永遠に閉じ込められる可能性
これまでに発見された最大の質量を持つブラックホールは巨大な銀河 “Holm 15A」の中心に位置しており、太陽の400億倍の質量を持つと、外側のエッジは、光の半分の速度で動いていると推定されています。インピーダンス名誉教授によると、このような大きな質量のブラックホールは、一般的なブラックホールに比べて重力が強い反面、引張力が弱いので吸い込ま入った場合は、「生きてしまう」可能性があるとのこと。 生きてしまった場合には、重力によって、自分が脱出することができなければなりませ音波と電波に役立つこともできない状態に陥ることがあります。


インピーダンス名誉教授はホーキング博士が唱えたブラックホールは、粒子を放出して、最終的に消滅するという理論である “ホーキング放射“を引用して、「最も巨大なブラックホールが消滅するまでに、少なくとも10100年かかる」と宇宙に存在するすべての星が死んだ後も、ブラックホールは引き続き残ると言いました。

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
ブラックホールに吸い込まれ、人間はどうなってしまうのだろうか? – GIGAZINE

ブラックホールが星を粉砕 “干潟の破壊」を観測したとNASAが発表 – GIGAZINE

太陽系に最も近いブラックホールが地球からわずか1000光年の距離に発見された – GIGAZINE

2つのブラックホールが衝突合体して「中間質量ブラックホール」を形成する際に発生した観測史上最大の重力波を検出 – GIGAZINE

世界の物理学を苦しめる「ブラックホールの情報のパラドックス」とは? – GIGAZINE

ブラックホールの誕生から消滅までを動画でわかりやすく説明する「Black Holes Explained – From Birth to Death」 – GIGAZINE

ブラックホールが2時間で75倍明るい光天文学も「前代未聞」と感心 – GIGAZINE

READ  NASAが8ヶ月にわたった中断を経て、太陽圏を脱出した「ボイジャー2号」に戻って信号を送ることに成功 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close