理科

ブラックホールに吸い込まも情報が失われず、抜けることが判明! 理論物理学のスーパー謎逆説ついに解決! – TOCANA

理論物理学を気にし続けた」ブラックホールの情報パラドックス」がついに解決方法 – 。ブラックホールに吸い込まも情報が残っているというのだ。

■「ブラックホールの情報パラドックス」と

宇宙の “墓”であるブラックホールに吸い込まれると、やはり海相違はなく、宇宙の「藻屑」になって消えてだろうか。それとも、私たちがそこにあった痕跡は消えずに残っており、場合によっては「生還」することもするだろうか。

高ホーキング博士は、ブラックホールに吸い込まれても質量はなくならないが、情報が失われると主張(後撤回)していた。 しかし、その後、量子力学のメカニズムを否定すること、これが「ブラックホールの情報パラドックス(black hole information paradox)」で、過去50年の間に理論物理学者たち苦しめてきたのだ。

「Wired」の記事より

しかし、ほとんどの研究が一つのことには同意しているように見える。 何とか施工自体がブラックホールに崩壊しているように見えるだろう。 これは施工が現実の根本的な要素ではなく、より深い何かで救急であることを意味するものである。 施工が「溶解」するものとすれば、最終的には情報が重力の “刑務所”から抜け出すことができる理由になるだろう。

カナダの理論物理学、お金のページはホーキングに師事していたが、この「ブラックホールの情報パラドックス」の見解によって決別を他のっている。 ページは、ブラックホールの情報が失われていないと考えたからである。

ページはブラックホールと放射線との間の紛糾の総量」エンタングルメント・エントロピー(entanglement entropy)」を計算することから始めた。この計算をグラフにした数値の変化は、「ページの曲線(Page curve)」と呼ばれるようになった。

ブラックホールに吸い込まも情報が失われず、抜けることが判明! 理論物理学のスーパー謎逆説ついに解決! 図2
「ページの曲線(Page curve)」「Wired」の記事より

ページによると、ブラックホールの質量が減少収録エンタングルメント・エントロピーは増加するが、ブラックホールの消滅時には、エントロピーはゼロになるので、いずれかの時点で、エントロピーの上昇が止まり下落に向かうポイントと考えた。 そして、この山の形の曲線をページの曲線と呼ぶされたものである。

ページはエンタングルメント・エントロピーページ曲線に従う場合には、情報はブラックホールから抜け約束したからである。

ページの曲線に関する研究は、その後もいくつかの研究者によって継続され、2019年5月に発表された、カリフォルニア大学サンタバーバラのアフマドアルムヘイリの研究では、ノクチェウル幾何学的に定量化する新しい理論ツールを使用してブラックホールが情報を取得することが確認されたものである。 もし将来の宇宙旅行ブラックホールに吸い込まれても生存する可能性が残っているわけだ。

READ  ネプチューンの新しい謎の移動消えるように見えた暗い点が意外なUターン| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close