トップニュース

ブリンクン、安倍日本訪問にジョーの表明

ブリンケンは事前訪問日程でタイを訪問中であり、去る金曜日バリで開かれた20カ国外務長官会議に参加するためにインドネシアを訪問した。 彼は安倍首相の後日本を訪問するアメリカの上級管理者になるでしょう。

土曜日のバリでは、Blinkenは、Abeの殺害が世界に「悲劇」であり、他の多くの元・現職のアメリカの管理者と同様に、彼のビジョンについて元首相を賞賛したと述べました。

ブリンケン首相は記者たちに「安倍首相は変革的な指導者であり、政治家であり、真のグローバルな地位を持った人だった」と話した。 彼は安倍の死がニュースに衝撃と苦痛を表現した多くの外務大臣の同僚とのG20会議を揺るがしたと付け加えた。

安倍首相が死亡した直後、ブリンケンはバリで吉正林日本外務相、朴ジン韓国外務相に会い、主に北朝鮮に関連した戦略を検討した。 その会議と土曜日に、Blinkenは日米関係の重要性を強調した。

彼は「日米同盟は数十年間、私たちの外交政策の礎石であり、昨日私が言ったように安倍首相はそのパートナーシップを新たな次元に引き上げた」と話した。

Blinkenは「日本とアメリカの国民の友情も同様に揺れない」と述べた。 「したがって、私たちは、真に不気味な暴力行為の余波で、日本国民と首相の家族と共に立っています。」

READ  ボクシング - 日本の「運動的でない」入江、逆転で開催国処女金メダル獲得

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close