トップニュース

ブリンケンが安倍暗殺以来日本を訪問

アントニー・ブリンケン米国務長官が安倍晋三日本首相の暗殺事件に対する哀悼を示すため、月曜日に東京に滞在した。

BlinkenはすでにG7先進産業諸国およびアジア太平洋経済協力グループの指導者との会議のために東南アジアを旅行しています。

ブリンケンは岸田文夫日本首相と他の上級政府の管理者に会った。

Blinkenは以来、「これは信じられないほど難しい時期に私たちを見るのに時間をかけて彼に本当に感謝しています」と言いました。 「そして、私たちがここにいる理由は、バイデン大統領がアメリカ国民に代わって大統領に代わって私に個人的に安倍元首相の書挙に哀悼の意を表明するよう求めたからです。」

これに先立ち、米国務省は、日米同盟が、インド太平洋地域の平和と安定の「基礎」であると述べた。

Blinkenは月曜日にAbeを「ビジョンの人」と称賛しました。

秘書官は「この恐ろしい悲劇と殺人に対する私たち全員が感じる喪失感、アメリカ人が感じる衝撃を日本の仲間たちと共有した」と話した。 安倍首相は在任期間中に両国関係を新たな次元に引き上げた」と話した。

安倍首相(67)は金曜日、京都付近の国で選挙運動をしていたうちに銃に当たって死亡した。 Blinkenは、死亡以来、これまで米国を訪れた最高級の米国管理になりました。

バイデン元副大統領は安倍首相を「我が国間の同盟と国民間の友情のチャンピオン」と非難した。

この日の午後、バイデン元副大統領は、ホワイトハウスと安倍首相を追悼するすべての政府庁舎と軍事基地に星条旗を掲揚するという声明を発表した。

Blinkenは東京の最後の瞬間に立ち寄り、アメリカに戻る前にアンカレッジに立ち寄る予定だった。

デニス・ロメロ 貢献

READ  日本の銀行、気候変動対応のための資金調達

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close