経済

ブリンケン長官、ライモンド長官、林日本外務大臣、萩宇田経済産業賞と共に日米経済政策協議会共同主催

Antony J. Blinken 国務長官と Gina M. Raimondo 商務長官が吉正林日本外務相と共に日米経済政策諮問委​​員会(EPCC)の招待大臣級会議を共同主催します。 7月29日金曜日の午前9時(東部標準時)EPCCを通じて、米国と日本はインド太平洋地域と世界の規則ベースの経済秩序を強化するために量子経済協力を推進します。 大臣は、両国の民主主義経済局である米国と日本が、世界経済問題を解決し、開放的、包容的、持続可能な経済成長を追求できる方法について議論します。

ブリンケン長官、ライモンド長官、林外務大臣、萩宇多長官の開会会社は、メディアやwww.state.govで生中継されます。 www.YouTube.com/statedept 東部標準時午前9時 EPCC直後のメディア報道が可能で、東部標準時基準午前11時45分に生中継されます。 メディアに関するお問い合わせは[email protected]にメールでお問い合わせください。

メディアが利用可能かどうかはメディアで開かれています。 カメラのプリセット時間は23番街の入り口で午前11時(東部標準時)です。 作家とスチールの最終アクセス時間は、23番街の入り口から東部標準時基準午前11時30分です。

メディア担当者は、以下を提示すると、このイベントに参加できます。 一つ 次のいずれか:(1)米国政府によって発行された写真媒体の資格情報(国務省、ホワイトハウス、議会、国防省、外信メディアセンター)、または(2)そのニュース機関によって発行された写真付きの公式ID、 3) 現在ジャーナリストとしての雇用を確認する公式レターヘッドに雇用主が送った手紙。

また、写真付きの公式政府の身分証明書(米国運転免許証またはパスポートなど)を提示する必要があります。

READ  ポンペオ、台湾認定を求める

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close