エンターテインメント

ブロック、日本フィンテックスタートアップKyash、4,120万ドル投資誘致

キアシ東京に拠点を置くモバイルファイナンスアプリは、4,120万ドル(49億円)のシリーズDファンディングを誘致しました。

今回のラウンドは、日本ポストインベストメントコーポレーション、ブロック(旧スクエア)、グレイハウンドキャピタル、SMBC日光セキュリティ、アルトスベンチャーズ、グッドウォーターキャピタル、StepStoneグループ、JAFCOグループ、三井住友保険キャピタルなど、多くの投資家が参加しました。

の報告によると 日経、これはブロックのアジアベースの企業への最初の投資です。 シリーズDは、2015年に始まって以来、Kyashの総資金調達額を約1億770万ドル(128億円)にもたらしました。

このスタートアップは、収益を使用して従業員数を2倍にし、製品の成長を強化するために使用します。 高取心一KyashのCEOはTechCrunchに語った。

以前は銀行やコンサルティング業界で働いていたTakatoriが設立したKyashは、消費者がオンラインおよびオフラインの支払い、送金、ATM引き出しサービスを提供するモバイルバンキングアプリを提供しています。 さらに、Visaカード発行会社Kayshは、仮想および物理プリペイドデビットカードを発行して柔軟性を提供します。 B2B事業に関する質問に、Kyashはホワイトラベルカード発行プラットフォームを次のように作成しました。 侵入 Takatoriは、TechCrunchとのインタビューで、昨年純粋に直接チャンネルビジネスに集中していると述べた。

高利は、Kyashが現在世界で3番目に大きい経済である日本の小売市場に集中しており、中長期的に海外拡大を検討できると付け加えた。 同社は、日本で金融サービスを運営するために、政府から2020年プリペイドチェックカードライセンスと2017年資金振込ライセンスの2つのライセンスを取得しました。

「私たちはすでに積極的な単位経済を達成しており、投資家が投資を検討する非常に肯定的な要素です」と、ユーザー数と総住所市場を提供していない高田氏は語った。

COVID-19ファンデミック期間中、世界的に社会的距離置きが施行され、現金のない決済が標準となりました。 したがって、ファンデミックはグローバルチャレンジバンクの成長率に影響を与えました。 に基づいて レポート Fincogによると、Kyashは他の競合他社であるRobinhoodやStarling Bankと同様に、2020年1月から5月まで約22%成長しました。 (Kyashはファンデミック期間中、2020年3月に4,500万ドルのシリーズCを募金しました。)

Japan Post Investment CorporationのTakuma Baba常務取締役は、「Challenger Bankはフィンテックの中心テーマであり、伝統的な銀行の分離は世界中で不可逆的な傾向になっています」と述べました。 「私たちは、Kyashのユーザー優先およびモバイル優先哲学と製品アーキテクチャを通じて、金融サービスと技術を再び組み合わせることでコアプラットフォームに進化できると信じています。」

JAFCOのパートナーであるAtsushi Fujiiは、「JAFCOは、サービスが開始される前にKyashに最初の投資を行いました。今回のラウンドは5番目の投資です。 「私たちは会社がさらに飛躍して次世代金融のリーダーになると信じています。」

タカトリは「新しいアフィリエイトを結び、協力を拡大し、ビジネスを拡大し続け、顧客からより信頼を得る」と述べた。

READ  日本のWarriors-Wizardsゲーム、NBAファン、スポンサー誘致

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close