Economy

プジョー3008の強化新型表情一新…欧州発表| 応答(Response.jp)

プジョーは、9月1日、改良された新型「3008」(Peugeot 3008)を欧州で発表した。

現在3008は、第2世代モデルで、2016年5月に欧州で発表された。 現在形のデビュー4年以上が経過した初の本格改善改良新型、欧州でデビューした。

新しいフレームレスグリルとデイタイムランニングライト

改良された新型の外観は、フロントマスクを中心に変更された。 新しいフレームレスグリルは流れるようなデザインを維持しながら、より現代的なスタイルを追求しているという。 フロントグリルは、ヘッドランプの下のピンまで伸びている。 「GT」と「GTパック」には、専用のグリルが採用された。

フード先端には、プジョーの最新モデルだけでなく、モデル名が表示された。 フロントバンパーの両サイドには、スポーティさを強調するために光沢のある黒のサイドスクープとボディ同色トレッドプレートが装着されている。

ヘッドランプも新たに設計された。 最新のLED技術が含まれており、フック状のデイタイムランニングライトが装備されている。 GTとGTパックはフルLEDヘッドランプ専用ライトの署名を備えており、視認性を最適化ベンドライティング機能(EVS)が導入される。

フォグランプの代わりに、新たに「霧モード」機能を採用した。 これはフルLEDヘッドランプと一体に設計され、リアフォグランプを作動させると、ヘッドランプのロービームの輝度が低下する。プジョー3008の強化新型

テールランプはフルLED技術が導入されており、ランプには3Dの爪が表示される。 背面ウインカーは順次タイプとなった。 テールライトは、透明なスモークで覆われており、両方の黒いリアゲート部分まで延長された。 その後、リアワイド感を強調している。

GTパックには、新しい専用19インチ “サンフランシスコ”アルミホイールを装着した。 フロントフェンダーとリアゲートは、新しいデザインのGTエンブレムがつく。 ボディカラーは、新色のスラウェシブルーとヴェルティーとブルーを含む全7色が設定されている。

最新の「i-Cockpit」を搭載

改良された新型のインテリアは、最新の「i-Cockpit」が搭載された。改良された新型i-Cockpitはさらにモダンにクラス最高レベルの機能性を追求している。

改良された新型ドライバ正面全体12.3インチデジタルメータークラスターが採用される。 カスタマイズと設定の変更が可能である。 このデジタルメータークラスターは、「ノーマリーブラック」の技術を備えたデジタルパネルが採用されており、視認性やコントラストが向上しているという。プジョー3008の強化新型

ダッシュボードの中央には、新しい10インチのタッチスクリーンが配置された。 画面は高解像度での7つのピアノのキーによる「トグルスイッチ」が配置される。 オーディオ、エアコン、音声コマンドされた3Dコネクトナビゲーション、電話、モバイルアプリケーション、危険警告などが表示される。

8速ATの「EAT8」モデルのセンターコンソールは、運転者が「正常」、「スポーツ」、「エコ」を切り替えることができるドライブモードセレクターが標準装備されている。

1.6ターボは、最大出力180hp

改良された新型パワートレインは、ガソリンとディーゼルエンジンが用意される。 ガソリンエンジンは、排気量が1.2リットル直列3気筒ターボ「ピュアテック」が最大出力130hp / 5000rpm、最大トルク23.5kgm / 1750rpmを発生する。 トランスミッションは6速MTまたは8速ATである。 0〜100km / h加速9.5秒(6速MT)、最高速度197km / h(8速AT)の性能を発揮する。

排気量が1.6リットル直列4気筒ターボピュアテックは、最大出力180hp / 5500rpm、最大トルク25.5kgm / 1650rpmを引き出す。 変速機は、8速ATである。 0〜100km / h加速は8秒、最高速度は222km / hである。

ディーゼルエンジンは、排気量が1.5リットル直列4気筒ターボ「BlueHDi」である。最大出力は130hp / 3750rpm、最大トルクは30.6kgm / 1750rpmを発生する。トランスミッションは6速MTまたは8速ATだ。0〜100km / h加速は10.8秒、最高速度は192km / hの性能を備えている。

すべてのエンジンは、ユーロ6排出ガス規制を満足させる。 CO2排出量は、ディーゼルの場合129g / kmとしている。

READ  NVIDIAがArmをソフトバンクから4.2兆円で買収半導体大手2社が一体に| TechCrunch Japan

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close