トップニュース

プライベート・エクイティ、Siege of Japan Inc.

プライベート・エクイティは、日本への関心が高まっており、日本で驚くほど良い収益を上げています。 日本の歴史的な電子製品メーカーであるToshibaのスキャンダルは、世界で3番目に大きい経済の産業がどれだけ成長できるかどうかのテストケースになることがあります。

Toshibaの公開的な提案はないが、特に、先週の株主が永山治(Osamu Nagayama)前会長を追い出した後、経営陣が後押しするプライベート・エクイティ・ファンドの会社が魅力的な目標であることを疑う余地がありません。 Toshibaは、以前にCVC Capital Partnersの会社の価値を200億ドル以上と評価した入札を棄却し、これは日本で最大のプライベート・エクイティ主導の引数たものです。 活動家、投資家たちは、経営陣は、現在の潜在的な求婚者たちの関心を歓迎し、奨励することを要求しています。

米国とは異なり、プライベート・エクイティ・ファンドは、日本ではあまり存在しません。 コンサルティング会社ベインによると、日本の買収の8%は、プライベート・エクイティを含む一方、米国とのM&Aの活動は、経済規模に比べて、日本が米国や欧州よりもはるかに低いです。

しかし、プライベート・エクイティは、現在の国の機会を見つけるために準備しています。 データプロバイダであるPreqinによると、日本に焦点を当てたプライベート・エクイティで管理している総資産は昨年9月基準350億ドルで、2015年末の合計の二倍以上です。 彼らは現在、149億ドルの現金に座っています。 さらに、日本に焦点を当てた80個のプライベート・エクイティとベンチャーキャピタルファンドが昨年閉鎖されて、100億ドルを調達したとPreqinは言う。 たとえば、Carlyleは昨年、日本バイアウトファンドのために23億ドルを調達しました。

コーポレートガバナンス改革の実質的な進展の信号は明らかに関心を高める要因の一つです。 株主行動主義が上昇しており、東芝で最も劇的に証明した。 その結果、企業は、ビジネスのポートフォリオを再評価しました。 日本では、クロス持分が長い一般的でしたよりも、定期的に売却されました。 ゴールドマン・サックスは、日本の企業が2020年に472件の構造調整の発表をしたこれは前年に比べて56%増加した数値です。

READ  日本、319Tbpsデータ転送により、インターネット速度記録を更新

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close