プライベート:プラスチックの主なユーザーとして、日本は条約締結を助けることができます

1 min read

海洋生物を荒廃させるプラスチック汚染を解決するための国際条約を作成するためのグローバルな交渉は、いくつかの主要な問題に対する国家間の大きな違いのためにほとんど進展がありません。

日本は、プラスチック廃棄物を減らすための独自の努力を強化するとともに、合意の導出を支援する上で積極的な役割を果たすことができ、しなければなりません。

2年前、国連環境総会に出席した国々は、今年末までに法的拘束力のある条約を締結することに合意しました。

4月にカナダでこの目標のために開催されたプラスチック汚染に関する政府間交渉委員会の中枢会議は、プラスチック汚染に関する法的拘束力のある国際文書の草案作成を加速することを目指しました。

代わりに、今回の会議では、関連国間のさまざまな利害関係と視点が交渉が複雑であることを強調しました。

今回の会議は、条約の本文を完成させるために、年末のINC会議に先立ち、今年の夏に別の専門家会議を開催することに決めました。

重要な質問は、プラスチックライフサイクルのどの部分、つまり生産段階から廃棄まで規制する必要があるかです。

ヨーロッパ、アフリカ、島国は生産制限を支持していますが、産油国と中国はこのアプローチに反対しています。 日本は画一的な生産制限の代わりに各国が直面した現実に基づいて、再使用、リサイクルなどより良い廃棄物減量対策を主張している。

日本はプラスチック廃棄物の削減に注目すべき役割を果たしてきました。 2019年大阪で開かれたG20首脳会談では「2050年まで海洋プラスチックごみによる追加汚染をゼロ化」するという目標を込めた「大阪ブルーオーシャンビジョン」が発表された。 昨年、広島で開かれたG7首脳会談では、「2040年までに追加のプラスチック汚染をゼロに」減らす目標を立てました。

山のように多くのプラスチックごみを排出する先進国として、日本はこれに貢献すべき重大な責任を負っています。 日本は、生産規制、消費抑制、財政、技術支援の拡大という野心的な目標を擁護することで存在感を明らかにしなければなりません。

独自の状況に応じて、個々の国の決定にあまりにも多くを任せると、集団的努力を弱める利己的な機会主義につながる可能性があります。

プラスチックはとても便利な素材ですが、捨てても分解しません。 何か措置を講じないと、グローバルなプラスチック汚染問題は引き続き大きくなります。

人体に吸収される微細なプラスチック粒子に含まれる有害な添加物により、野生動物への被害、漁業への影響、健康リスクへの懸念が高まっています。

米国の大学と環境団体の研究によると、56社の製品が世界中で屋外で廃棄されるプラスチック廃棄物の半分を占めています。

世界中の企業が動き始め、昨年、日本では食品・生活用品部門の10社がグローバルプラスチック条約のための日本企業連合を結成し、政府に「法的拘束力があり野心的な条約」を推進することを促しました。

企業が地球の健康を保護するための措置を講じていないと見なされると、グローバル市場から除外されるリスクがあります。

日本では、小売店から持ち込む使い捨てビニール袋に対して顧客に義務料金を課した後、買い物客が購入した品目を自分のバッグに入れることが一般化されました。

この措置によるプラスチック消費の削減効果はわずかですが、人々の行動が変わることがあることを示しています。 プラスチック製品を使用しない可能性がある選択肢を増やすことが重要です。

気候変動、生物多様性の損失、プラスチックなどの汚染は、環境に対する三重危機を表しています。 石油から派生したプラスチックは気候変動に関連しており、廃棄物汚染は生物多様性に影響を与えます。

気候変動と生物多様性に関しては、関連条約締約国が長年にわたって交渉を通じて合意を成してきました。

プラスチック廃棄物の問題解決において着実な進展を遂げるためには、強力で積極的な条約が必要です。

– 朝日新聞、5月31日

READ  タリバンは中国、近隣諸国との経済的関係強化を目指している。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours