プライベート| 中国の過剰生産はより深い経済的不況の症状

1 min read

政府補助金による過剰生産により、中国の内需市場が飽和状態に達した。 今は海外で低率輸出形態で現れている。 これにより中国は市場競争を歪曲するという理由で西側諸国から非難を受けている。

チョ・バイデン政権は中国産電気自動車(EV)に対する関税を4倍に引き上げた。 また、太陽光パネルに懲罰的関税を賦課すると発表し、 リチウムイオン電池と他の特定の製品。

同様に、欧州連合(EU)欧州連合執行委員会(European Commission)も中国産電気自動車を調査している。 我が社も調査結果によって対策を講じる準備ができている。

西側諸国と中国が報復関税を課し始めると、世界経済は混乱と低迷につながる可能性があります。 さらに、保護貿易主義の強化は、強硬措置を取った米国にとっても、中国にとっても望ましくない。

3月5日、北京で習近平国家主席(左)と李昌首相。 (©京都)

中国経済の問題点

根本的な問題は、習近平市の中国政府が、中国が根本的に不公正な貿易慣行を取っているという他の国々の疑惑について言及を拒否しているという点だ。 「中国の過剰生産問題は存在しない」という市主席の主張は信じ難い。 彼がこのような硬直した主張にぶら下がっている限り、西側諸国との対話は不可能だろう。 デッドロックはかなり長い間続くかもしれません。

習近平政府は自国産業界の構造的問題を直視しなければならない。 中国経済も顕著に鈍化し、内需消費も萎縮している。 そのため、帳簿のバランスをとるために輸出を活用しようとしています。

2024年5月16日、中国の安徽省合肥にあるGCLシステム統合技術工場のソーラーパネル生産ラインでスタッフが働いています。 (©China Daily via Reuters)

グローバル公正貿易を追求します

不透明な補助金問題もある。 以前も、中国の世界貿易機関(WTO)報告義務の遵守は、せいぜい問題があると考えられていました。 そして輸出関連補助金の支給現況を隠蔽してきたという観測も多い。

過去の世界鉄鋼業界は、政府補助金を受け取る中国企業の低価格輸出に染まった。 現在、外国企業の経営と雇用が同様の影響を受けている場合、批判が予想されるしかありません。

一方、最近バイデン政権がとった措置には政治的考慮が反映されたものかもしれない。 例えば、雇用創出を促進し、11月の大統領選挙を控え、中国に強硬な立場をとろうとする欲求などだ。 一方的に追加関税を課すこのような方式は、トランプ政権でも現れた。 日本自体も、鉄鋼を含む一部の製品に対して一方的に追加関税を課すことに関して苦い経験を​​しました。

日本はこの点を念頭に置いてヨーロッパ、米国と協力して中国の不公正貿易慣行を正さなければならない。 中国の過剰生産問題は日本企業の事業にも影響を及ぼす。 私たちは中国の間違いを修正するために圧力をかける機会を捉えなければなりません。

関連:

(プライベートを読んでください。 日本語で.)

作成者:編集委員会、 産経新聞

READ  クレムリン:アメリカは「経済戦争」を行っている
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours