プライベート| 協力強化のための日本の経済安全許可システム

Estimated read time 0 min read

政府が任命した専門家パネルが、セキュリティ許可システムを構築するための推奨事項をまとめました。 これは、機密性の高い経済安全保障に関する情報へのアクセスを、公共部門と民間部門の資格のある個人に限定します。

エキスパートパネルの主な推奨事項には、システムの適用を政府が管理する情報に制限することが含まれます。 また、パネルは、政府がバックグラウンド調査を行う中央集中型システムを提案した。 このプロセスにより、どの政府従業員と民間市民がこの情報へのアクセスを許可されるかを特定できます。 調査を受けるすべての個人は、そのような身元調査にも同意する必要があります。

推奨事項は合理的です。 政府は今、1月26日に始まる定期国会でこれらの勧告事項に基づいて法案を制定する予定です。 我々は非常に効果的なシステムの構築を期待しています。 これにより、公共部門と民間部門の承認された個人間で機密情報を共有して使用することができます。


国際協力のボトルネック現象

2014年にも同様のシステムが実際に存在します。 特に指定した秘密の保護に関する法律。 ただし、適用法の範囲は、防衛、外交、スパイ、テロ対策に制限されています。 経済安全保障に関する情報が必ずしも含まれるわけではありません。 この点で日本はすでにシステムを備えている米国やヨーロッパ諸国に比べて遅れている。

決定的に民間部門ではそのようなシステムを作らなければならないという声が大きい。 このようなシステムが不足して日本企業が米国、欧州政府、研究機関との共同開発に参加するのに障害となったためだ。 したがって、日本政府が機密情報のセキュリティ信頼性を保証するシステムの構築は非常に重要です。

これらの制限された情報には、重要品目サプライチェーンの脆弱性、経済セキュリティ規制、サイバー関連情報が含まれる場合があります。 推奨事項では、提案されたシステムでカバーされている情報の「柔軟で迅速な」割り当てと削除が必要です。 そのためには、法令を通じた具体的な対応が必要である。

広告


徹底と個人情報保護のバランス

特定個人の機密情報へのアクセス適合性を確認するための身元調査と関連して、パネルは「特定秘密保護制度」による調査とは異なって処理する理由がないと明らかにした。

この場合、調査カテゴリには、テロ活動の関与、犯罪履歴、薬物乱用などが含まれる。 資格のある個人が機密情報を扱うため、調査は厳格でなければなりません。

斉藤裕隆日本弁護士協会副会長が24日、東京千代田区で開かれた記者会見で、セキュリティ検索制度反対意見書を朗読している。 (©京都)

同時に、私生活や人権を侵害すると考えられる方法で調査することは適切ではありません。 パネルは、すべての身元調査が調査対象の個人の同意を得て行われるべきであると勧告しました。 また、同意を拒否する個人が、その拒否により、組織内で不当な再配置などの措置を通じて不利益を受けてはならないことを明示しました。 新しいシステムがそのような保護を効果的に保証することが重要です。

パネルはまた、極秘情報を特別指定秘密法が適用されるレベルと「同じレベル」と見なすことを勧告しました。 この法律によると、罰は最大10年の懲役刑に処されます。 機密情報の漏洩は厳重に処理する必要があります。 個人はもちろん、組織に対する罰も含まれます。

関連:

プライベートを読む 日本語で)

作成者:編集委員会、 産経新聞

READ  発展途上国の開発援助の社会的影響
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours