プライベート| 原子力を活用するために日本のエネルギー計画を修正

1 min read

日本次期作議論が始まった」戦略的エネルギー計画」 これは国家エネルギー政策の基本的な指針となります。 関係者は、FY2040の最適電力構成を考慮して、今年度内に現在の計画を修正します。

ロシアのウクライナ侵攻はエネルギー状況を完全に変え、エネルギー安全保障をより重要にしました。 日本の次期計画では、脱炭素化と安価で安定したエネルギー供給のバランスをとる戦略が必要です。

この野心的な目標を達成するためには、原子力発電所の活用を高める必要があります。

専門家たちは5月15日、東京で第7次エネルギー基本計画を議論するために集まりました。 (©産経(小田敦))

日本のエネルギーイニシアチブ

岸田政権は2022年12月に編成した「GX(グリーントランスフォーメーション)基本方針」で原子力活用を最大化する方向に路線を変えた。 さらに、原子力発電所は将来予想される膨大な電力需要の増加を供給する可能性があります。 これらの需要の増加は、人工知能やその他の要因の広がりが予想されます。

現行基本計画では、2030年度の原発比重を全体電力源構成の20~22%と計画している。 しかし、2022年度の実際の数値は5.6%に過ぎなかった。

日本が原子力利用を拡大するためには、新しい規制基準を通過した原発を着実に再稼動しなければならない。 同様に、既存の施設を改善し、新しい原子力発電所を建設する必要があります。 政府が次期計画でこれを明確に明らかにし、主導的に推進してくれることを望む。

脱炭素化を促進するには、別の問題も解決する必要があります。 再生可能エネルギーの導入を拡大するのです。 しかし、気候変動によって変動する新再生可能エネルギーの使用を増やせば、国家の電力需給は不安定になるしかない。 また、新再生可能エネルギー施設の立地をめぐって地域住民との摩擦も増えている。

また、その他の送配展望問題解決についての議論も行わなければならない。 たとえば、蓄電池の取り付けに関する問題を解決します。

斎藤経済産業賞などが30日、イタリアのトリノで開かれたG7気候・エネルギー・環境大臣会の後、記者会見を行っている。 (YouTube経由)

石炭を用いた非排出発電所の開発

石炭火力発電によるCO2排出量が大きいことを考慮すると、長所と短所を取ることも必要である。 G7 気候、エネルギー、環境大臣は段階的廃止計画に合意した。 2035年までにCO2排出削減措置を講じていない石炭火力発電所を段階的に閉鎖します。 しかし、2022年度現在、日本は電力の30%以上を石炭火力に依存し続けています。

また、日本ではCO2を排出しない石炭とアンモニア混合物を燃焼する技術を開発しています。 技術が期待どおりに機能すれば、石炭火力比重が高いアジア地域の脱炭素化に寄与できるだろう。

政府は2024年末までにエネルギー新戦略を樹立する予定だ。 重要なのは、これを通じて2040年までに脱炭素化と産業政策の方向を提示するという点だ。 今回の次期エネルギー計画に合わせて、韓国も企業投資支援とエネルギー強化に乗り出さなければならない。 日本国内産業の競争力。

小泉純一郎地球温暖化小泉純一郎地球温暖化
大崎クールジェン工場で日本のクリーン石炭技術をテストします。 日本広島(J-POWER提供)

関連:

(プライベートを読んでください。 日本語で.)

作成者:編集委員会、 産経新聞

READ  Viasat Real-Time Earthが日本に地上局を開設
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours