プライベート| 新外国人インターンプログラムには政府のバランス法案が必要

Estimated read time 1 min read

政府は外国人インターンの技術訓練と雇用のための新しい制度を設ける計画だ。 このために外国人機能実習生制度関連法を改正し、既存の制度を廃止する。 これを達成するための法案が現在政府の承認を得て国会に提出されました。

機能実習訓練プログラムは「国際協力」の形で制定された。 これは、本国の経済発展に役立つ人的資源の開発を支援するために設計されています。 提案されたシステムは、経済状況に合わせて人材を開発し採用することを目指す。

現在、プログラムに参加する外国人インターンは、原則として任意に転職することはできません。 この事実が多くの議論の焦点となってきました。 新しい制度によると、同じ職場で1年以上勤務したインターンは、一定の条件に応じて別の職場への移動が許可される。

ベトナムの技術インターンが2019年3月15日、大阪府八尾市にある小規模科学技術工場で働いている。 (©Sankei)

G7サミットバナー

正当なトラブルシューティング

しかし、与党の自民党議員の一部は懸念を表明した。 彼らは、このオプションを許可すると、訓練を受けた外国人労働者が農村の賃金の高い都市に流出する可能性があると懸念しています。 したがって、現時点では、そのような譲渡は最大2年間制限される可能性があります。

現行技術実習過程も人権侵害の温床という批判を受けてきた。 賃金の滞納、外国人インターンに対する身体的虐待など、高質な問題で虐殺に苦しんでいる。 多くの場合、訓練生は過酷な労働環境に耐えられなくなりました。 他の雇用者に移転することはできませんでした、彼らはただ消えました。

帳簿に関する法律を改正して勤務環境を改善しなければなりません。 移転を許可すると、これらの行方不明を防ぎ、すべての外国人労働者を慎重に監視できます。

長期的な環境づくり

外国人インターンを受け入れる一部の企業は、訓練生が訓練を受けた後、早期退社を許せば、訓練に投資した資源が無駄になると反論する。 しかし、企業は、従業員が動機づけを続けることができる環境を作成することでこの問題を回避できることに留意する必要があります。

自民党外国人労働者特別委員会が2月5日、東京自民党本部で開かれた。 (©刑務所)

新しい制度は3年以内に外国人技術研修生を「」レベルまで養成することを目指す。特定機能1種事実上、それは新しい研修生制度を「特定機能制度」と連結するわけだ。 外国人労働者への道 日本に長く滞在するため。

Type Iビザは、研修生が最大5年間日本で働くことを許可します。 一方、高度な技術を必要とするタイプIIビザを使用すると、家族を日本に連れて行くことができます。 事実上永住権を許すわけだ。

広告


カリコムバナー

賃金が低く、日本を離れる外国人労働者が増えているという指摘が出た。 これは比較的低い円の価値のためにさらに悪化する。 しかし、乗り継ぎ規制が緩和され長期滞在が可能になれば、日本の一部地域で外国人観光客が急増すると予想される。


カリコムバナー

慎重な審査を通して平和に一緒に暮らす

同時に、新しいシステムに移行しても、移民が日本に来るのを簡単にしないように注意する必要があります。 地域住民と外国人の間の摩擦によって公共秩序が悪化する状況は必ず避けたいと思います。 私たちは西洋諸国や埼玉県の川口でもこの問題を目撃しました。

国家と地方自治体は、日本人と外国人が安心して共生できるように最善を尽くさなければなりません。

関連:

(プライベートを読んでください。 日本語で.)

寄稿者:編集委員会、 産経新聞

READ  日本三井、7億4千万ドルでベトナムガス田開発決定
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours