トップニュース

プライベート| 日本の文化財保存が危機に主張をする言葉

~~

日本の革新がコロナウイルスに対応するための新たな技術を開発しています

文化庁(教育文化体育科学技術部)は、2022年から国家の文化財を子孫に譲るための新しい事業に着手する予定である。

「文化財匠プロジェクト」と呼ばれるこの計画は、国宝と重要文化財を修理し、維持するために必要な技術や材料を備えた職人が存在し続けるようにすることを目標とします。 熟練した職人がますます後継者が不足して、貴重な原材料を生産する少数の源が加齢に応じて、これは非常に重要です。 Takumi 「匠」または「匠」を意味します。

芸術品、工芸品、建物などの重要文化財は、周期的な復元と管理が必要です。 しかし、ここ数年の間に、熟練した職人と必須原材料が不足して必要な作業をいつ完了するかどうかさえ予測することがますます不可能になりました。

日本の文化財。

2020年に管理者207つの重要な芸術品や工芸品の資産を復元することを望んだが、その中で190個のみ承認することができました。 同様に私的・天然記念物・名勝の場合保存措置の要求額の57%のみがサポートされた。

その結果、必要な作業について窮屈な日程を設定することが不可能になりました。 その間属性が悪化し続けてい悪循環をさらに悪化させています。 そして、長期的に、より高いコストが発生します。

現在文化庁は文化財復元技術と復元に必要な材料とツールを作成するために必要な製作技術など選別された保存技術を認証・支援する制度を備えている。 その枠組みに基づいて54人の個人と39個のグループに支援を提供しました。

漆器、サムライ鎧復元、掛け軸や屏風に使用されている手作りの紙の生産、日本の藍染などの技術と材料が危うい分野がリストを支配します。 この専門家の平均年齢は73歳であり、彼らの貴重な技術知識は、いつでも、永遠に消えることができます。

日本の職人が繊細で凝った復元操作を実行します。

Takumiプロジェクトで文化機関は、これらの工芸と復元操作を実行することができる技術を持った職人の数を増やすように設計されサポートを提供します。 例えば、訓練費用に対する補助金を使用して、これらの技術を実行する方法を学ぼうとする訓練生に惜しみない支援を提供することです。

もう一つの問題は、復元操作に必要なツールや原材料の調達がますます難しくなっているという点です。 例えば、雑種桑(kozo)図と本の製本に使用される原料を提供しています。 しかし、それを生産するために必要な相当な時間と労力のために限られた数の農家だけが喜んで努力します。

現状では、5つの品目の製作費を一部相殺するために補助金を支給しているが、その数は拡大する予定である。 つまり、生産と流通の安定化のための新しい枠組みを用意するための初期段階を踏んでいるのです。

一つの問題は、復元操作のための適切な施設を確保することでした。 京都国立博物館内の作業スペースが古く狭い関係で、文化庁は、国立文化財修理センター(仮称)を新設する計画である。 機関は、FY2022予算要求の中心のための資金が含まれていました。 新センターは、新しい技術の開発と原材料の研究を支援する予定です。

日本の文化財は日本の美学の結晶であり、私たちが先祖から受け継いだ精神文化を象徴します。 政府と日本国民は、現在彼らの保存がどのよう危険で運指、それらを保存するのに役立つ、彼らの役割を認識する必要があります。

日本の国宝が私たちの子孫に確実に受け継がれるようにする行動が急務です。

(読み取り Sankei Shimbun 日本プライベート このリンクで。

著者:編集委員会は、 The Sankei Shimbun

READ  緑に行く、日本の銀行、経済ゲームチェンジャー

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close