技術

プライベート| 日本は今、エネルギーシステムを見直さなければ、継続的な停電に直面しなければなりません

2022年夏、日本全域の電力需給バランスが強化されるという懸念が大きくなり、政府は企業と家庭に7月から9月まで省電力を要請することにしました。 要請は7年ぶりに初めてだ。

原子力発電所の再稼動が大幅に遅れ、老朽化し​​た火力発電所の急速な解体により、日本の電力供給能力が大幅に減少しました。

政府は、国民に電力を節約し、大規模な停電が発生しないようにして電力需要を抑えることを目指しています。

2022年3月、日本政府は大規模な停電危機に瀕している東日本地域に電力不足の可能性を初めて警告しました。

そのため、政府は家計や企業に電力供給不足を警告し、省電力を促すための新しい早期警報システムを構築する予定だ。

一部のアイドル火力発電所は、供給容量を増やすための措置の一環として再稼働していますが、2023年初め、日本全域の電力不足は今夏よりさらに深刻になると予想されます。 東京電力 (電力)。

発電所をオンライン状態に戻す

日本はもはや省電力だけに頼ることができません。 供給能力を拡大するためには、安全性が確認された原発の再稼働が緊急だ。

安定した電力供給には、3%以上の予備費(余剰金)が必要です。 政府によると、7月が非常に暑い場合、東北、東京、中部サービス地域で支給準備率が3.1%まで下がる可能性があると政府は伝えた。 北海道と沖縄を除く残りの日本地域の支給準備率は3.8%に維持される見通しだ。

2022年3月22日夕方東京全域を含む東京電力サービスエリアに電力供給不足と停電警告を知らせる東京街道モニター。

この問題で5年ぶりに電力供給長官会議が招集された。 結果は数値目標なしで企業と家庭に省電力を要請する決定である。 消費者は、電力を節約するために巧みで合理的な努力を払う必要があります。

政府はまた、所定の時間に他の地域で意図的に電力供給を遮断するローリング停電に対するコントラストを要求する。

しかし、連続停電は日常生活だけでなく、工場運営、店舗、ビジネスにも大きな影響を与えます。 電力会社と政府は、逐次停電を防ぐために、供給容量を増やすためにできるすべての措置を講じなければなりません。

東京を危険にさらす

TEPCOのサービスエリアは、2023年1月と2月に予備比率がマイナス領域に落ちると予想され、他の多くの地域も3%未満に落ちると予想されます。

政府が電力需給状況が非常に深刻であることを認識し、安全点検の効率性を高めて原発再稼動を加速化するなど、対策を講じることが何よりも重要だ。 自己生産電力の購入を奨励することも役に立ちます。

電力難の原因としては、政府の電力規制緩和と脱炭素化政策の影響を見落とすことはできない。 政府が太陽光発電の導入だけに集中して安定的な電力供給を無視して、我々がその対価を払っている。

日本エネルギーシステムの制度的構造の見直しが緊急である。

関連:

(日本語のプライベートを読む このリンクから.)

著者:編集委員会、 産経新聞

READ  スエズ運河に閉じ込められた巨大な貨物船

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close