プライベート| 科学委員会は納税者資金の受領を中止しなければなりません

Estimated read time 0 min read

日本科学委員会の改編を検討するため、内閣府が設立した専門家パネルが報告書草案を作成した。 科学委員会を非政府機関に再編成することを勧告する。

報告書は、協議会の現在の「政府機関」としての地位が不適切であると宣言した。 これは独立していないため、キャビネットや他の組織に独立した科学的なアドバイスを提供することはできません。 科学委員会は独立して設立されることが望ましいという結論が出てきた。

現行法上科学委員会は政府の「国家特別機関」だ。 勧告に基づき、科学委員会を特殊法人にするための新しい法律が制定されます。

会社の資金調達方法については報告書が明確である。 「今後、政府資金だけに頼るよりはある程度独自の財源確保を目指すのは極めて自然なことだ」と書かれている。

つまり、現時点では、納税者は依然として企業の運営の大部分に資金を調達することになります。

岸照雄東京大名誉教授が日本科学委員会の構成を検討するための政府専門家会議を主宰している。 ここで彼は取材陣の質問に答える。 12月21日の内閣室。 (©はるなアタルの産経)

科学委員会は国防に反対する

日本科学院を法人化することが合理的であっても必ずしも国家の支援を受ける必要はない。 軍に関連する事項を忌避する今の立場を固守すれば、「国立士官学校」の資格を有する機関に国庫を支援することは全く容認できない。

冷戦中、科学アカデミーは1950年に「研究に関する声明」のような反軍声明を発表しました。 戦争目的2017年のグループは その立場を再確認した 他の声明から。 このような発言は、日本の国防能力向上のための研究を妨げる正当化として使われました。

広告

学会が「国民学院」として存続するには、少なくとも過去の軽率な言行を反省して撤回しなければならない。

三石真守日本科学協議会会長が22日、東京で記者会見をしている。 (©刑務所)

専門家の先取りを試みる

科学委員会は、自分が望む組織形態を説明する声明を発表した。 彼らは専門家のパネルが報告書のドラフトを作成する前にそうしました。 それは耽溺した姿勢のもう一つの事例であった。

グループは組織の変化で活動の面で独立性を確保することを求めている。 さらに、委員と議長の選出において完全な独立性を望む。 しかし、政府機関として、これは首相の人事選出権を否定することと変わらない。

また「政府が持続的に安定した財政基盤を確保する責任を負わなければならない」と要求した。 これは、グループが税金で運営されている現在の状況と変わらないでしょう。

彼らの最近の声明には「法人化するか、国家主体として残るのか論争に縛られず、持続的な協議を続けてほしい」という文章も含まれている。

大西隆志(左)と広渡瀬後元科学委員会会長。 (2020) (©サンケイ)

欠落:信頼関係

現在の確固たる利益を守るために最終決定を無期限に延期しようとしているように聞こえませんか?

声明はまた、科学委員会の場合、政府との「信頼関係を再構築することが重要だ」と述べた。 しかし、2020年にも菅が吉秀首相が任命しなかったのと同じ元メンバー候補6人の任命を追求する限り、私たちはそのような信頼関係を回復することはできません。

グループはこの問題に対する異常な執着を捨て、死んだ馬に対する鞭打ちを中止しなければなりません。

関連:

(プライベートを読んでください。 日本語で.)

作成者:編集委員会、 産経新聞

広告

READ  新しい彗星は今日歴史的に地球の近くに近づいていますが、それを発見するには少し運が必要です
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours