プライベート| BOJの新しい金融政策は経済回復を妨げてはいけません。

1 min read

日本銀行(BOJ)が金利正常化のための別の措置を講じました。 今春初め、金利を引き上げ始め、前例のない通貨緩和基調から抜け出す信号を送りました。

6月14日、BOJ理事会が開かれた。 通貨政策会議。 特に長期金利を低く維持するため、これまで推進してきた国債の買い入れ規模を減らすことにした。

理事会は7月末、次回の会議で今後2年間の追加削減計画を決定する予定だ。 金利を引き上げる可能性もあります。

BOJは3月の会議でマイナス金利政策を終了した。 しかし、国債買取規模は月6兆円(約380億ドル)で前水準を維持した。 これにより、長期金利の急激な上昇を避けることができると期待されます。 今回の決定で、BOJは現在金利の他に「量的」政策も強化する方向に進んでいます。

日本経済回復モニタリング

インフレの懸念はまだありますが、賃金引き上げ スント 春季攻勢が広く広がり、経済活動は依然として堅調だ。 今、通貨政策が長期的な危機対応段階から抜け出すことは当然のことです。

しかし、この新しい「金利のある世界」が遠くに進み、経済回復を妨げるならば、それは非生産的でしょう。 BOJは、市場の混乱を避けるために、削減時期を慎重に決定し、政策を管理する必要があります。

上田一雄日本銀行総裁が6月14日、東京で記者会見をしている。 (©Sankei by Kanata Iwasaki)

上田和夫BOJガバナーは6月14日の会議の後、記者会見でこう説明しました。 「私たちは金額を減らすことにしました [of purchases] 長期金利が市場でより自由に形成できるようにするためだ。

正常な市場機能の回復

BOJは膨大な量の株式を購入しました。 量的緩和による国債。 以後、国債市場では適正金利水準を判断することが難しくなった。 BOJが継続的に買収量を減らすだけに、市場機能を着実に回復する必要がある。

上田知事は、削減が「適切な水準」になると述べた。 7月の会議では、BOJは国債買収縮小計画の水準とスピードを明確にする必要があります。

現在、BOJの国債購入額は約600兆円(380億ドル)に達します。 結局のところ、これらの債券の購入を中止し、さらに売却を開始する時が来るでしょう。 BOJが市場参加者の意見を聞き、自分が取ろうとする方向を明確に提示できることを願っています。

FOREXと円安

国債市場とともに外国為替市場も注目する必要がある。

BOJの金融政策は、為替レートに影響を及ぼすことを意図するものではありません。 それにもかかわらず、日本と米国の間の広範な金利差は、円の価値の下落の重要な要因であった。 今の問題は、債券の買収の減少が金利引き上げと円高につながるかどうかです。

ヨンジュンは去る6月12日開かれた連邦公開市場委員会(FOMC)会議で2024年金利引き下げの可能性を3回から1回に下方調整した。

米国の金利引き下げが依然として要請された状況で、円高の下落傾向は相当期間持続する可能性がある。 BOJはまた、この傾向が日本経済全体に及ぼす可能性のある影響を慎重に評価する必要があります。

関連:

(プライベートを読んでください。 日本語で.)

作成者:編集委員会、 産経新聞

READ  デパート Stuff 2024 家族連れの体験型福袋
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours