スポーツ

プライベート| Shingo Kunieda:過去最高のスポーツマンの一人

彼はテニス史上最も偉大な人の一人であり、スポーツ史上最も偉大な人の一人です。 このユニークな選手は最高の賞賛と拍手を受ける資格があります。

男子車椅子テニス現象 国枝田届の大会優勝記録は驚くばかりだ。 今月初め、彼はウィンブルドンで初めて男子シングルスタイトルを獲得しながら新たな境地に至り、これにより4つのグランドスラムトーナメントですべて優勝しながら「ゴールデンスラム」を達成したスポーツ初の選手となりました。 彼はまた、2008年、2012年、および2021年に3つのパラリンピック金メダルを獲得しました。

Kuniedaが7月10日にロンドンで開催されたウィンブルドン男子車椅子シングルスの優勝を祝います。 (刑務所)

38歳のKuniedaは合計28のグランドスラムのシングルスタイトルを持っており、ダブルスのタイトルを含めると、そのタイトル数は50に増加します。 しかし二度肘手術を受けた後、昨年夏東京パラリンピック以後引退を考慮したことが分かった。

私たちは、体力とエネルギーの面で最高レベルのプレイに対する厳しい要求にもかかわらず、この最高の成果を達成するために再び反撃したKuniedaに敬意を表します。

Kuniedaの成果は、記録と統計でのみ判断できません。 彼は一晩の間に感覚を引き起こさなかった。 彼のキャリアの初期に、彼はすでに世界最高の一人として認められていることに留意してください。

国田は2007年初のグランドスラム大会優勝を占めた。 当時、日本のジャーナリストは当時、世界1位の男性テニス選手だったロジャー・フェデラーに「日本のテニスはなぜ世界トップクラスの選手を生み出せないのか」と尋ねた。 これにフェデラーは躊躇せずに「まあ、そこに国枝にはありませんか?」と答えた。

フェデラーが記者にクニエダについて思い出させなければならなかったことは、車椅子テニスと障害者スポーツの両方で日本の存在を認識するという点で、日本がどれほど遅れていたかを示しています。

Kuniedaの障害者スポーツスポットライト

他の角度から見ると、クニエダの長年の活動は、日本のスポーツファンが障害者スポーツの価値と魅力を理解するのに多くの貢献をしたと言えるでしょう。

実際、車椅子テニスに関しては最近日本選手たちが注目されているといえる。 Yui Kamijiと彼女のパートナーDana Mathewsonは、今夏のウィンブルドンで女子ダブルスの王冠を獲得しました。 そして、16歳の有望な男子車椅子テニス神東小田トキト(Tokito Oda)は、6月フランスオープンで準決勝に進出した後、国田自身に勝ちました。

しかし、間違いなくこれらの選手たちが車椅子テニスの世界で最高ランクに上がる道を開拓したのはKuniedaでした。

同胞の意識を高める

東京パラリンピックの経験は、障害者スポーツに対する日本人の意識を高め、社会の発展を代表しました。

7月10日(刑務所)ウィンブルドン男子車椅子断食決勝戦で国田申告が活躍している。

それにもかかわらず、障害のある選手は単にメダルの色で評価される時代は過ぎました。 関連問題に関する議論の基調を確立するために、「多様性」と「包容性」の象徴として言及された時代も過ぎました。

今、障害者スポーツは日常生活の一部になりました。

Kuniedaは、障害のある選手が人間の無限の可能性を実現するために存在すると言ったとき、それをうまく表現しました。 車いすテニスは参加選手の障害の有無にかかわらず、完全に楽しめるスポーツレベルに引き上げた。 それが国田の最も偉大な成果ではないでしょうか?

私たちは、クニエダがコートで見ているのかテレビについているのか、今後もずっと活動を続け、ファンを興奮させ続けることを願っています。

関連:

(日本語のプライベートを読む このリンクから.)

著者: 編集委員会, 産経新聞

READ  宮本監督「出場時間、場所をやっ求めたもの」 - J1:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close