スポーツ

プライベート| Yokozuna Hakuhoの退職は相撲の世界に危機を予告します。

~~

[3.11 Earthquake: Rebuilding]    10年後:世界と一緒にする東北の回復と回復

横綱力士ハク号現役引退を決めた。 横綱に84個大会、総1,187ワット、幕内で1,093ワットなど45個のグランド相撲大会で優勝という彼の印象的な記録は、おそらく破らないでしょう。

長年相撲界の主役であるHakuhoのスポーツへの奉仕は、特に東日本大震災に関連論議で相撲界振った時の唯一の横綱として非常に重要でした。 yaocho または八百長。

ハク号2000年少年に初めてモンゴルで日本に来たとき、彼の体重は60kgが少し超えました。 モンゴルに戻る直前に宮城野厩舎に抱かれ、過酷な修練を経て立派な横綱となった。

26回目の誕生日である2011年3月11日、日本を襲った大地震の後、Hakuhoは被災地で繰り返し歓声式を挙行し、回復を願っています。

しばらくして、スキャンダルで相撲界が危機に直面したとき、彼は記者に次のように言いました。 Sankei Shimbun、「相撲が終わったら、この国も終わりそうな予感がする。」

彼の若いモンゴルのライバルである春馬フジ横綱と賀来類は、彼の前でリングを去った。 そして合理的な相手になると予想されていたキーセニョール佐藤は横綱にわずか2試合ぶりに引退した。 ハク号横綱として少し寂しかっをことを想像するのは簡単。

彼のキャリア晩年にHakuhoは彼自身の批判に直面しました。 カチアが 肘打ち、積極的なパンチの技術と勝利した後に追加ミル打ち。 彼の勝利演説で聴衆に「バンザイ」を叫んだり拍手と同じこれらの行動およびその他の行動は、横綱に似合わないこと叱責された。

近年、Hakuhoは一連の負傷のため、多くのトーナメントに目に見えてコロンました。 しかし、6つの連続大会の全部ま​​たは一部を逃した後も復帰して、7月、名古屋の相撲大会で無敗で優勝し、最後の大会となった。

横綱伝説と宮城野厩舎の他のメンバーは厩舎の仲間の間でCOVID-19の事例のために秋芭蕉に出場していました。

ハク号7月18日てる老朽か破り、日本相撲協会長学角から優勝トロフィーを受けている。

Hakuhoは、7月のトーナメントの勝者独占決勝でHakuhoが敗北した新しい横綱Terunofujiが最近優勝した秋の芭蕉を見て引退を決めました。

しかし、テール老朽れるすでに29歳のベテランです。 今回の大会では、大関ランキングが優勝争いさえしなかったし、上位3位以内に入った選手の中で二桁の乗数を記録した選手は一人もいなかった。

このスポーツを未来へ導く有望な若いレスリング選手が不足して相撲の世界を危機に陥れました。 偉大な横綱の引退は、状況をさらに悲惨にしました。

Hakuhoは2019年に日本の市民がされており引退後も厩舎主人で日本相撲協会に残る資格があります。 横綱として活動していた時代とは異なり、若いレスラーたちに絶え間ない障害物になった彼は続けて、後輩たち育て上げ道ください。

相撲界が直面している問題は、博報堂一人では解決できません。 協会とすべての厩舎のホストは、同じ危機意識を共有し、相撲の世界を活性化するために努力しなければします。

子供ハク号」相撲が終わったら、この国も終わる」という言葉が記憶覚めるください。

関連:

(日本産経新聞社説を読む このリンクで

著者:産経新聞編集委員会

READ  [JRA]東スポカップGII推進、年3回3日間開催東京オリンピック支援などの計画を発表し、2021年に開催さ一味案| 競馬ニュース - netkeiba.com

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close